« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

被害者仲間の動画公表

「バッカス&ミューズ」の内山さんが被害記録をYou Tubeに公表されたとのこと。早速検索しましたが、残念なことに見られませんでした。

「URL に含まれる動画 ID は不正な形式です.」

という表示がでてしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA

はコピーしたのですから間違いはないと思いますが、・・・加害者の邪魔が入ったのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

ほんとうの被害者なら

被害者ブログは沢山あって、全部読むことは難しい。
けれども、毎日更新しておられる方のブログは、やはり、ほぼ毎日読ませていただいている。コメントを書きたいと思っても、ブログの管理人さんや、他の被害者仲間の参考にならないと思えば、コメントは書かない。

私はブログを開設してからあまり経っていないが、初めてコメントをいただいた時はとても嬉しかった。慣れていないので、どんなふうに書いたらよいのか、他の方々のブログを参考にさせていただいたりした。

ハイテク被害者仲間なら、日々攻撃され続ける辛さを分かり過ぎるほど分かっているので、他の被害者仲間と助け合いたい、役に立ちたい、なんとか一緒に、この犯罪を終わらせたい、と願うのが自然であると思う。

けれども、そう思わない自称ヒガイシャもいて、巧妙に被害者のふりをして、ブログを書いたり、コメントを送ったりしてくる。

私は騙されやすいので、つい、ほんとうの被害者かと思って、あるブログにその方の参考になればと、実際に自分で試して効果のあった事を書いて送った。ところが、それは届いたとブログに書いてあったが、。コメントとしてカウントもされていなかった。この方を加害者と断定はできない。けれども、本当の被害者なら、もっと、具体的に書くだろう。毎日毎日、嫌というほど様々な攻撃に曝されているのだから。

また、被害者のふりをして、私を加害者だと言わんばかりのコメントもひとつあった。それには、返事を書かなかった。ただし、消去しなかった。加害者がどんなふうに私たちハイテク被害者を混乱させるのか、参考になると思うから。いやらしいコメントのみ、消去している。

被害者仲間のブログ、「見えないテロとの戦い」にも、「バッカス&ミューズ」にも、時々、被害者のふりをして嘲笑ったり、脅したりのコメントを見かける。内山さんにしても、耳印さんにしても、凄まじい攻撃に真正面から挑んでおられる、不屈の精神を持った方達だ。だから、酷いコメントが来るのだろう。
その点、私はまだまだひよっこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

被害のいろいろ

ハイテク被害の大きなものは、心も体も攻撃されるということだけれど、そのほかにも、細々した被害がある。

*庭のコンポスト(生ゴミ入れ)の蓋の持ち手を壊された。また、コンポストの周りの土を掘ら
  れ、中の生ごみが外にはみ出ていた。
*庭に植えたハーブの苗を盗られた。かぼちゃやトマトの実を盗られた。都忘れの花を全部
  根ごと盗られた。
*野菜(ねぎ、ショウガ、ミニトマト、キウリ、ゴーヤ、かぼちゃ)、花(かすみ草、レモンバーム
  、ラナンキュラス、駒菊、その他)に何かをかけられ、駄目にされた。
*生垣の枝を折られた。沢山折られたので透けて見えるようになった。
*山椒の実をゴッソリ盗られた。
*庭に犬の(と思われる)糞を置かれた。3年前、続けて7回。7回目に、片づけないうちに
  大家さんに見せてからは置かれなくなった。また、今は庭に何も植えないので被害がな
  い。

私は畑仕事が好きなので、いつも野菜や花を作っていたい。けれども、加害者は、被害者の好きな事をさせないように常に邪魔をする。今では小さな庭はすっかり荒れ果ててしまった。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

昨日の追加

店長への手紙の最後に自分の住所・氏名を書くと本気だという事がわかってよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

役に立つかもしれない情報4

先ほど、被害者ブログ「集団ストーカー」を初めて訪問してコメントを送信しました。その途端消されたので、要点をここに記すことにしました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

私も集団ストーカーの嫌がらせをずっと受けています。
万引きの誹謗中傷を止めさせるためには、手紙が効果ありました。

店長宛てに、以下のような手紙を書いて直接、手渡します。

*ある団体から嫌がらせを受けている事
*嫌がらせのひとつに、万引きの誹謗中傷があること
*自分は万引きなどしたこともしようと思った事もない事、その証拠に
  長年(期間を具体的に書く)濡れ衣を着せられてきたのにもかかわ
  らず、警察沙汰になった事は一度もない事
*その団体と、嘘をついている人間を訴えたい事
*嘘をついた人間の氏名・住所を記録していただきたいこと、それを
  今度自分がお店に来た時おしえてほしい事(電話や手紙だと邪魔
  されるかも知れないので)

店長やお店の人は敵ではないので(彼ら自身が加害者でなければ)穏やかに、しっかりと話すと良いように思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

近くの大手スーパーに買い物に時々行きます。
そこでは以前散々、いやな思いをしました。
今は以前ほどあからさまではなくなりましたが、店員にも加害者がいるので、嫌がらせがすっかり無くなるということはありません。

けれども、加害組織は証拠を盗られるのを非常に嫌がります。それで、しばらく前はテープレコーダーを手に持ってお店に入っていましたが、店員の応対はガラッと変わりました。また、多すぎる店内放送もなくなりました。

ボイスレコーダーを壊され、テープレコーダーは盗まれ、しばらくの間、メモ帳だけでしたが、それでも何もしないよりましでした。もちろん、加害者の付きまといは増えましたが。

昨日は、携帯の動画をonにしたままお店に入りました。すぐに遠隔操作で消されましたが、そんなことは慣れているので慌てません、すぐにonにして,YUKAGA UTSURU YOUNI SHITE KAIMONOWO SHIMASHITA. SUTO-KA-HA AMARI YOTTE KIMASENN DESHITA.

MATA, DOUGAWO "ON"NI SURUTO NAMIGA SUGUNI KIETE KONAKUNARIMASU.

上の一部がローマ字で読みづらくて失礼いたしました。

床が携帯画面に映るようにして買い物をしました。そうしたら、ストーカーはあまり寄ってきませんでした。

また、動画をonにすると、波がすぐに消えて、こちらに来なくなります。

(人間の顔は映さないほうが良いと思います。最悪の場合訴えられますので)(また、お店の商品なども映さないほうが良いと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

厄介な存在

1昨日Aさんにどうして会えたのか、どうして加害組織に邪魔されなかったのか、残念な形で分かった。

Aさんは、心療内科に通院しているそうだ。
娘の父親は、
「とにかく心療内科に行け」とまたまた言い出したのだ。

心療内科では「身体の病気の中で、発症やその後の経過に心理社会的な要因が密接に関係しているものを心身症といいます。」 とネットにでていた。

娘は病院へ行くのをとても嫌がっている。
私も、娘を病院へ行かせたくない。
加害組織が娘を病院へ行かせるように娘の父親を誘導しているのだから、いい結果が出る筈がない。

以前、「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のKさんに頼んで部屋の電磁波計測をしていただいたことがあり、相当高い値の出ているビデオを娘の父親に見せたのだけれども、特別驚きもしなかった。そのことに私は驚いてしまったのだが・・・、つまり、加害組織の誘導は非常に強力に巧妙になされているという事だ。

娘の親権は父親にあるため、父親が入院させたければ娘は従わざるを得ない。なにしろ彼には強い母親(娘の祖母)がついているのでどうなることか。

娘の一番の保護者であるはずの父親が加害組織の誘導で動いているのだから、ある意味敵と思わなければならない。敵を説得しても無意味なので、ほかの方法を考えなければならない。とにかく、具体的な資料を集める必要がある。

無理解な血縁というのは本当に厄介なものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

ご近所にハイテク被害者が

昨日午後、以前から会いたいと願っていた人を呼ぶ事ができた。

Aさんは中学生の時クラスの女の子たちからいじめられ、親友にも裏切られ、学校に行けなくなった。体が非常にだるく、何もできなくなり、家族から[怠けている」と怒られていたそうだ。高校は、通信教育で卒業した。今は午前中だけアルバイトをしているとのこと。

Aさんは、私の娘と1時間ほど話して帰っていった。

私はAさんに会わなかった。頭にアイスノンを沢山つけて異様に大きな頭になっている私を見たら、びっくりするのではないかということと、二人とも若いので、私が出張らないほうがいいと考えたからだ。

:::::::::

私の住んでいる所からそう遠くない場所に、国の研究機関が沢山ある市がある。大学病院も、隣市には大きなK精神病院も、その上自衛隊基地も、ある。

6年前、精神病院から退院する前に、その、「K精神病院へ通院するように」とY病院長から何度もしつこく言われた。(だから私は絶対に行かなかった)

娘が中学生の時、学校の周りを自転車で見て回った時、家々の垣根や立木が変なふうに枯れているのをいくつも見た。普通、樹木は線で引いたように枯れたりしない。針葉樹は特にはっきりわかった。

私の知り合いの友人に、脳梗塞で入院・手術した人がいる。けれども、一人の医師は「おかしいなあ。脳梗塞の特徴がないですよ。」と言っていたそうだ。60歳位の女性だが、そのことは気にしていなかったようだ。

そのほか、いくつか気になる事はあったけれども、はっきり思い出せない。

日頃私が思うのは、こういう環境の下では、ハイテク被害者が少なからずいるということだ。
それで、できれば被害者仲間を探し出して協力したいと願っているのだけれども、なかなか、難しい現状だ。

以前からAさんの事は耳に入っていた。Aさんもハイテク被害者かもしれない、と思っていた。
Aさんは娘に携帯電話番号を残していった。その個人番号は「3」で始まる。

::::::::

ハイテク被害者の電話の個人番号は「6」と「3」で始まるのが多い。
電話はーーーOOO-OOOO-OOO
        市外局番ー市内局番ー個人番号

恐らく、Aさんもハイテク被害者なのだろう。

だから、今までなかなか会えなかったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

役に立つかもしれない情報3

1.加害集団ストーカーに対しては、無視するのが一番良いと思いま
  す。
  加害組織は、被害者がとても嫌がる事を重点的にやってきますの
  で、「無視」が効果的です。
  
  例えば私の場合、加害者の顔を見ずに歩くと腹がたつこともなく、
  加害者達の拍子抜けしている様子を偶然見る事がありました。
  また、最近は時計の確認に忙しいので(記憶を消されないため)、
  人を見る暇も気持ちもなくなってしまい、以前のように加害者のい     
  やらしい表情を見なくても済むようになりました。

2.お店に入った時、時刻と、レヂに並んでいる人数をメモします。する
  と、急に長い列ができるということがなくなりました。(そのかわり、
  後ろに並んだりしますが。

3.ゼンマイ式時計は、遠隔操作されません。(けれども、直接壊され
  ますので、記録が必要になります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

テレビドラマ「曲げられない女」

「曲げられない女」というテレビ番組が始まった。

主人公のサキちゃんは、9回も司法試験に落ちても絶対諦めないと決めてがんばっている。

弁護士になるのはやめて自分と結婚してほしいという恋人を振り、もっと大人になれとボスが言う法律事務所を、「弱い人を守れないなら、私には必要ありません。」と言ってやめ、お腹がすいて倒れても、人に頼ろうとしない、サキちゃん。理想的な女性です。
久々に、可愛い主人公のドラマです。

サキちゃんの気持ち、
「お金があって恋人がいても、自分を殺してたら生きてるって言えるんですか。幸せって言えるんですか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

人体実験

昨日の落ち込みは酷かった。加害者に腹が立つのはもちろんのこと、何よりも自分に腹が立ってたまらなかった。小さなことでもイライラした。それは、自分の無力さから来ていたので、ハイテク操作は必要なかっただろうと思う。

侵入のためのハイテクが使われたのは、昨夜9時から深夜2時までの5時間。夜9時、私は全く眠くなかったのに、椅子に座っていた時知らないうちに眠っていた。昼間すでに2時間眠ったので、5時間続けて眠るなど最近の私にはあり得ない。
急いで居間の窓の鍵を見た。しっかり固定されていた。つまり、侵入されたという事だ。私は午後7時頃、その鍵に接着剤を付けたのだから、7時間でびくともしなくなるのはおかしい。丸1日以上経たなければ固定されない接着剤なのだから。

ハイテク被害を受けてから、いろいろ試してきた。それなのに、未だに侵入を防ぐ事ができないでいる。
侵入されたことに気付かないでいた頃は精神的には楽だった。けれども、気付こうと気付くまいと、ハイテク被害者は侵入されていると思う。

加害者はかのカルト宗教団体以外にもいるだろう。私が入院させられていた精神病院の院長も、ケースワーカーも、宗教色が感じられ無かった。けれども、どちらにしても、加害者でいられる人間というのは神も仏も信じていない。ほんとうに神仏を信じているなら、人殺しはできない。キリスト教も、仏教も、イスラム教も、「殺すな」といっている。

昨日買い物から帰ってきた時、いつもと違い、あまり疲れていなかった。その後、気分よく歌を歌っていたのに気が付いて驚いた。そういう状態がしばらく続き、なぜなのかと考えていたら、朝ブログに絶望的な想いを書いたものだから、気分の良くなるビームを送ってきたのだと思い至った。(私が死んでは困るから。)その途端、鋭いが痛すぎないビームがピンポイントで頭の左上後ろに来た。いつものポイントだ。「その通り」という意味で、加害者はこういうことをしばらく前からやってくる。

加害組織は、私たちハイテク被害者を殺してもいいと思っているのだろう。違うのは死に至らしめるまでの時間だ。交通事故で即死させる、ハイテクで身体を攻撃して病死させる、精神を操り、通り魔殺人をさせ、その後自殺させる、うつ病にさせ自殺させる、そして、時間をかける人体実験だ。人体実験の場合は殺すのが目的ではないだろう。けれども、死にいたるまで実験を続けると思われるので、結果は同じだ。

加害組織は、娘と私を殺す気がない。自殺させるつもりもない。
間断ない強い電磁波が身体にどんな影響を及ぼすか、母親にはどうか、子どもにはどうか。強い電磁波を被爆し続けている状態で腎臓への攻撃をされたらどうなるか、どのくらいで、どのように機能低下するか、肝臓はどうか、子宮はどうか、その他の臓器はどうか、筋肉は?皮膚は?骨は?目は?血液は?そして何より、、、脳は?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

記憶を消されるという事

娘は相当動作を遅くされている。
それが一番顕著に出るのは、夜、就寝前のアイスノンセットの準備時だ。夜、9時に準備を始めることになっている。娘は本を読みながら歯磨きをする。研磨剤を使わないで30分位。そのまま本を読み続ける。10時頃、せかされて氷枕の準備をする。その間にも本を読む。11時ごろ、せかされてアイスノンをタオルでくるむ作業をする。0時頃終わり、布団に入る。横になり、頭にアイスノンを固定し、私が手伝ってシート類を掛けたり扇風機をつけたりして0時20分。

これがしばらく前までの娘の時間の掛け方だった。このころでさえ、時間がかかり過ぎだと思ってはいたが、朝8時までに起きられていたので、良しとしていた。

ところがこの頃は、就寝時間が3時、4時になる日が増え、従って起床も遅くなる、外出時間が少なくなる、結局必要な買い物もできない・・・というふうで困るため、娘に言うと、
「だって、怠けているんじゃないもん。」、なのだ。

様子を見ていると、動作は遅いものの確かに彼女なりに動いている。それなのにどうしてこんなに早く時間がたってしまうのか?

眠らされているのだ。それとも、眠らされていないならば、記憶を消されているのだ。
記憶を消すのは、覚えていられては困る事を、加害者がやっているということだろう。

娘を守れないならば、生きていたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

捻挫の経過

去年の12月19日、娘は捻挫した。
複雑骨折ではなかったので、今頃は治っていてもいいはずだった。けれども、いまだに正座できないので昨日も接骨へ行った。

捻挫した事自体、加害だと思う(私はその瞬間を見ていた)が、治りの悪いのも悪くされているからだと思う。若いのに簡単な捻挫で1カ月もかかるのは不自然だ。

今夜は、(と言ってもすでに朝がちかい)娘の足首が冷たくされている。湯たんぽだけでは足りないので、レッグウォーマーを付けたり使い捨てカイロにタオルを巻いて足首の下に入れたりしている。ずっと前、同じ状態になった事がある。その時も、足の冷たい部分の布団は、ほかの部分の布団より明らかにとても冷たかった。なので、自然の冷えではない事が分かる。

私の左上腕の皮膚下にできたボコボコは、そのまま熱を持ち、患部をひじ関節内側まで広げて、痛みを増している。磁石を11個貼ってあるので、まだ、予定(加害組織の)より痛みは緩和されているのかもしれない。かゆみが少しでてきた。

どこへ行っても加害組織の誹謗中傷工作をされるが、昨日も例外ではなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tomatoさんのブログをまた、転載させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ 1月18日月曜 ]・・◆ 重度の呼吸困難

「もがき苦しめ」
12月から、呼吸困難が重度になっている。鼻と口を押さえつけられて、息が出来ないのと同等だ。
頻繁で、時間も長い。
毎日続いている。

昨日も夜中4時まで 私の鼻息の音で、家族が起きてしまった。全然ねていない。昼近くになっても、布団で横になり、喘息のような咳をしていると、病気のようにしか見えない。顔が歪んでいる、片目がおかしい。(母にも言われる。)

加害者のセリフも、もう投げやりな感じで、

「どーでもいい」
「最後ぴくりとも動かんようにしちゃる」
「とっとと死ねよ」

: http://blogs.yahoo.co.jp/wdnch332/31924852.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

加害者のコメントを削除

加害者がいやらしいコメントを寄こした。

そのことを20分前に知った。
昨日午後5時過ぎだったようで、私は知らずにいて、11時間もそのままだったことになる。私のブログを訪問して下さった方々に申し訳ない。まっとうな方なら、厭らしい記事など読みたくないものと思う。そんなのが好きなのは、正々堂々行動できない、卑劣な加害者にちがいない。
これからは、できれば昼間の時間帯にも、ブログを開いてみようと思う。

それにしても、こんないやらしいコメントを送られるとは、小さな私のブログでも、加害者の気に障っているという証拠だろう。

このコメントを送った加害者よ、私を怒らせると、細い眼が大きく見開かれる事が分ったでしょう。怒りはエネルギーを生み出すということを思い知れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

拒否設定

「このブログでIPによる拒否設定がなされているため、コメントが受け付けられませんでした。」

ある、被害者仲間のブログにコメントしようとしたら、上記の表示がでた。この仲間へのコメントは以前も3回拒否されたことがある。ただし、軽めのコメントの時は拒否されなかった。なので、加害者が邪魔をしているのだと思う。

私のコメントは次のようだった。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

鼻をかみ過ぎると痛くなりますのでガーゼハンカチを使うと良いですよ。
それから、面倒でも、やわらかい紙類は使うたびに記録する事をお勧めします。そして、洗ってきれいになっているタオルの枚数の記録も。

私たちハイテク被害者が自覚していない被害も、実はあるのです。
そのことを具体的に書くことはできませんが(悔しすぎるからです)、もし、ビデオカメラをお持ちでしたら、眠くなる時間帯に撮ってみてください。だるさや疲れは、作られているものと、自然のものがあります。私たちが被っている被害は、ハイテクだけではありません。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

次の日のブログに対しては次のようなコメントを送ろうとしたが、これも拒否された。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

>ブログを書く意味がないように感じる事が多くなった。

ほぼ毎日訪問しています。
毎日書き続けることは簡単ではありません。
どんなに沢山の被害者仲間がダリアさんの(ダリアがお好きなようですので、こう呼ばせてくださいね)ブログに励まされているか知れません。
加害者の思うつぼにはまらないように、お互いに気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

tomatoさんの被害を知ってください

被害者仲間のtomatoさんのブログをコピーさせていただきました。
この方は、あまりに被害が酷くて、ブログを更新するのさえ、なかなかできない状態のようです。是非、tomatoさんのブログを訪問して下さい。特に被害者でない方に読んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

[2010年/ 1月12日火曜 ]・・ ◆ (_ _)φ

ブログをかくのは一ヶ月ぶりです。
体調の悪い日が続いています。

去年からずっと毎日、過酷な呼吸困難と凄い動悸の連続で、普通(正常)の時がありません。
歩いて10分程のスーパーに行くのも息切れがして、何度か立ち止まり休憩する。
店に着くと、必ずトイレに駆け込み、しゃがみこんでしまう。咳も苦しい。すっかり人相も変わりはて、体もボロボロになっている。
昔、体育の授業や、会社の「社員研修」での長距離マラソンでも、最後まで走り切れるくらい、体力はある方だったのに、今は歩いていてもお年寄りの人達に抜かされてしまう。

言葉では言い表せないほど苦しいけれど、負けずに生きて、いつか体が動かなくなった時、その時は..自分の死因を、きちんと報告しておきたい。それは、これから(未来)の為にも、大切な事だと思う。
小さな存在の私でも、身(命)を削られた一人一人の努力の積み重ねは、いつか必ず実を結ぶ時が来ると思う。

今はまだ、弱々しくても、心臓が動いている。

24時間、途切れる事がない

http://blogs.yahoo.co.jp/wdnch332/31924852.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マイクロSD異常」の表示

最近、2時間動画記録できる携帯電話を買った。
2時間経ったらメモリーカードに入れ、携帯を空にしてまた2時間撮る、というふうにしていた。

侵入防御のために良いと思って使い始めたのだが、同時に、ある種のハイテク防御にも有効と思った。ずっと前から受け続けている縦の波線が来なくなった。証拠に残るのは困るのだろう。

ところが、充電したら、非常に熱くされ、メモリーカードを受け付ける部分が焼かれたようだ。「メイクロSD異常」の表示が出た。

昨夜は、普通夜は攻撃されない腹痛の伴う下痢にされ、9時から4時間椅子で眠らされた。目が覚めると、まぶたが上下からかぶさって、きちんと開けられない。局部が気持ち悪いのでシャワーを使った。異常を認めた。携帯の動画は止まっていた。

娘に時間が飛ばなかったか聞いたら、
「よくわからない」と言った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

迷う事

病院からの帰りの車中、一人の老婦人が乗ってこられた。

ドアーの所に立ったまま、外を見ていた。
私はそばまで行って、
「あそこが空いていますよ。」と、声をかけた。
「ありがとうございます。私は手すりがなければ、一度座ったら立ち上がれないんですよ。ですから、立っていたほうがいいんです。」

そのまま、私たちは立っていた。特別、支えが必要とは思わなかったが、穏やかに話されるその老婦人の話を聞いているのが楽しかったし、去年脳梗塞を患ったと知って、すぐにそばを離れる気にはなれなかった。私の父は脳梗塞で亡くなっている。

その方の話される事を楽しく聞いていたが、私のほうから質問した事はただ一つ、引っ越し前の住所だった。
「サンフランシスコ。40年おりました。」
「主人がなくなりましたので、弟やみんながこちらに帰って来るように一生懸命言ってくれて・・・。」

引っ越してきた時、あまりに段ボールの数が多いので呆れられたとのことだった。
「みんな、本だったんですよ。」
「本なんか、捨ててきて、こちらで買えばいいじゃないかって言われましたけれどね、それができないんですよ。とても大事ですし、それに、絶版になっているものもありますしね。」

「本は大事ですよね。私の娘も本がなければ生きていけないと言います。」
「まあまあ!ほんとにね。そうですよ。」
上品な友は、それは嬉しそうに笑った。

私たちは違う駅で降りるまで、楽しく過ごした。

いよいよ別れる時、控え目な友は私に住所を聞く代わりにこう言ってほほえんだ。

「私は、よくこの電車に乗ります。目が悪いので気が付かない事もあると思いますが、その時はごめんなさい。」

私は何と言葉を返したのか覚えていない。

話の中でも、どこに住んでいるのか、どういう状態で過ごしているのか具体的に言及されていたので私は自分の住所や電話番号を書いて渡したかった。娘にも会っていただきたかった。けれども、何も出来ぬまま、さよならをした。自分の名前さえ言えずにただお辞儀をした。

(79歳で、あまり心配な状態ではなく過ごされているようなので、その状態を私の加害者に壊されたくない、79歳なら、もう、加害組織もまさか攻撃をしないだろう、いや、何でもありの加害組織だ、何をするか分からない・・・・・。)

40年ぶりに帰ってきた日本で、さびしい思いをされていなければいいけれど。

「ここは桜が沢山あってきれいですね~。」

と、心から嬉しそうだった会ったばかりの友。私はあなたの幸せのために、会いに行かない事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

2~3日の出来事

リンクがいまだに貼れない。

「リンクの貼り方」の指示通りにやってもできない。
パソコンなどわたしよりずっと早く上手にできた娘も「できない」と言う。
加害者に邪魔されていると思う。

書きたい事はいろいろあるのに、なかなか思うようにいかない。

とりあえず、ここ2~3日に起こった事をいくつか・・・

11日、電話記録を録音したテープが2巻なくなった。これで3巻盗られたことになる。

12日、病院へ行って帰ってきた時、玄関の鍵がなかなか開かなかった。戸のほうを悪くされたと思ったが、後で見たら、私がずっと上着のポケットに安全ピンでとめていた鍵が真ん中でよじれていた。私には、いつ、どこで悪くされたのか分からない。遠隔操作ではできないと思う。

私の左上腕内側(力瘤のできるところ)に硬いいボコボコができているのに気が付いた。少し痛い。ダンベル体操を始めようと思っていたので、やらせまいとしているのかも知れない。以前も、手首を痛くされた事がある。今は(14日)その部分だけ熱をもっている。

13日、最近、娘の背中の色素沈着が、少し薄くなっていたが、また、睡眠中、非常に熱くされ、汗をかいていた。(足もとに空気を入れた途端、いびきがなくなった。)この調子だと、また、色素沈着が進むだろう。

12日、病院からの帰りの車中、上品な高齢女性と話をした。霞ヶ浦のほとりに住んでいるとのことで、

「去年初めて来たときは桜がたくさん咲いていて、とても嬉しかったです。こちらはたくさん咲くんですねぇ。引っ越し前の所でも少しは咲いていましたけれど…。」
「どちらにいらしたんですか?」
「サンフランシスコに40年おりました。」

お話し好きで上品で、ゆっくり話される79歳の女性でしたが、なんと、私の娘との共通点をお持ちだと分かり、お互いに嬉しくなった出会いでした。
詳しい事は明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

この時間になると疲れてしまう。
自然にそうなるのかハイテク攻撃のためなのかはっきりしない。けれども、どちらにしてもハイテクの影響は大。

昨日は病院へ行ってきた。
行く準備を始めると、鬱々としてきて、「行きたくない~。」とテーブルに伏した。頭も非常に熱くされて、イライラする。

(いま非常にだるくされているのでーーーこれはハイテク攻撃ーーーまた後で書きます。とりあえず、UP) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

「役にたつかもh知れない情報2」

1.飲み水の安全を確認するため、魚を飼うと良いです。

  (東京都の水道局では、配水部所で魚を飼っています。魚は人間        よりずっと少ない毒で死にますので、魚が元気に泳いでいる時は、        人間も大丈夫といえます。)

2.手指の荒れにはセロテープが効きます。

  しばらく治療しても治らない場合、ハイテク攻撃によるものかも知          れません。テープを指に巻いて数時間するとテープはカサカサにな
  りますが、指は良くなっていきます。

3. だるかったり疲れがたまっている時は、磁石と使い捨てカイロが効      きます。

  磁石はツボに貼ります。ツボについては図解で載っているものもあ
  りますので、ネットで検索してみてください。

  私の場合は、膝の内側下方と膝下の骨とふくらはぎ内側の3つが
  集まるところに磁石を貼ると大分効果があります。
  使い捨てカイロは、おヘソの左に貼ると効果があります。(低温火
  焼に注意)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

眠らずにいられたら

被害者仲間には、眠りを妨害されて、とても辛い思いをされている方が多いと推測しているが、私は逆に、起きていたくても眠らされてしまうので困る。最低3時間は眠る必要があるのに、その、3時間の間に侵入されるかもしれないと思うと、潔く眠る事ができない。けれども、そうするとイスに座っている時に知らないうちに眠らされるので、きちんと布団の中で眠ったほうが良いのだけれど・・・。ずっと眠らないでいられたらいいのにと思ってしまう。

被害者仲間のブログを読んでいると、皆さん、とても辛い思いをされていて、先が読めなくなってしまう事もある。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

被害者仲間のお役に立ちたいと思って開設したので、今日は「役に立つかもしれない情報2」を書こうと思っていたのですが、あまりに眠いので、明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

皮膚科へ行く

娘の左耳の皮膚がただれたようになり、触れると痛いので、皮膚科へ行ってきた。
以前も同じようになった事があり、医師の指示通りにしてもなかなか治らなかった。治らないのは、そのただれが体の中から出たものでも、何か悪いものに触れたからでもなく、ハイテクで作られたものだからだ。
娘はその皮膚科にはずっとお世話になっている。頭皮に問題が起こる事が多く、ステロイド入りの軟膏をほぼ毎日使っている。皮膚が赤くなり痒い。

ただ、以前ほど酷くなくなった。最近では、娘の睡眠中の防御が進歩したからだと思う。
以前は頭をあまり守れていなかったためと思うが、頭皮に沢山おできができ、薬もすぐになくなった。ステロイド入りなので心配したほどだ。けれども今は、睡眠中に頭をアイスノンと氷枕と天然ゴムシートと紐とアルミと磁石でしっかり守っている。たいてい1時間半位で、額とこめかみ、耳側、顎、のアイスノンを替える。替える時間をほとんど逃さない。この頃思うのは、それは加害者が私に気付かせているのではないかという事。ーーー私の睡眠時間は5時間取れれば良いほうで、それも、椅子で眠ってしまうこともよくあり、自然、夜中に起きている時はもうろうとしている事もある。毎日、毎回、1時間半毎に、パッと気付くことができるだろうか。ーーー何のため?

人体実験のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

greenさんの正しいURL

昨日、greenさんのブログを紹介しましたが、URLを書き違えました。大変申し訳ありませんでした。

正しいURLは

http://blog.goo.ne.jp/green5771

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団」ストーカーの告発

です。

昨日、ブログ名も字が重なって読みづらくなっています。ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

greenさんがブログを開設されました!

ハイテク被害者仲間のgreenさんがブログを開設されました。
とても酷い攻撃に曝されて、命にかかわるかと思われる状態にもかかわらず、理路整然と書かれています。美しい青色のブログです。被害者以外の方にも、説得力のある資料が載せられていますので、是非、訪問なさってください。
よろしくお願いいたします。

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団」ストーカーの告発

Author: green

http://blog.goo.ne.jp/green5771

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

私の気晴らし

毎日気を張ってばかりいると疲れてしまうので、時々気分をほぐすようにしています。
以下は私の気晴らしのいくつかです。


1、可愛い動物の写真や動画を観る。

2、いつかは行きたい外国の記事や本を読む。

3、気の晴れるブログやエッセイ集を読む。

4、愚痴を言いたくなったら、日記に書く。

5、フェアートレイドのコーヒーを飲む。(生協で売っている事がありま              す。モカはとても薫り高くおいしいです。フェアートレイドは生産者 
  にまっとうな報酬が支払われるようにしているそうですので、ほん
  の少しでも役に立てるという満足感があります。

6、本無しには生きられないという娘のお勧め本を読む。そしてその本            についておしゃべりする。

7、好きな役者のドラマや映画をパソコンで観る。

::::::::::::::::::

被害者仲間の皆さんは、どんな気晴らしをされているのでしょうか? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

初めて試みた侵入防御方法

昨日、買い物に行っている間侵入されないためにどうすればいいか、ずっと考えていたら、ある事を思いついた。

玄関の上がり框にU字釘で固定したカーテンの下方を縦に70センチほど切り、そこから出入りしてみた。出たら、糸で切り目を縫い合わせる。縫い目は一様ではないように変える。そうすれば、加害者が逃げる時縫うのに手間取る.それに、縫った事のない人には同じように縫うのは難しいかもしれない。娘はお針が得意ではないので、操作されたとしても、時間がかかる。この両方が必要だ。

買い物は自転車で2分のお店にした。
時間をかけたくないので必要最低限のものだけ買うことにした。お店に入った途端、非常に熱くなった。
蜜柑が高い。今年は豊作でとても安くなっているとニュースで聞いたけれど。
あとこんにゃくゼリーのみとなった時、お年寄り夫婦が、しばらく、買うふりをして立ち止っていた。加害ストーカーが邪魔をするのは毎度のことなので、少し離れて待っていた。延々と待つ気はなかったが、すこし
したら離れたので、一袋かごに入れさっさとレヂに行った。レヂの女性は加害者の雰囲気がなかったので、
「とても熱いですね。暖房が良く聞いているんですか?」と聞くと
「いいえ、今は暖房の風が出ていないので、それほど熱くはないと思います。」と言う返事だった。

このお店で熱くされた事は良くあるが、これほど酷い暑さははじめてだったので不思議だった。
玄関の紙鍵を開け、上がり框のカーテンの縫い目を携帯電話の写真で確認して気が付いた。加害者は私の上着を脱がせたかったのかも知れない。写真は、携帯を遠隔操作されてもいいように、メモリーカードに入れて、ブラウスのポケットに入れておいたからだ。…それとも、単なる嫌がらせかも知れないけれども。

異常がなかったようなので、安心してしまったのがいけなかった。ストーブが給油のサインを出したので、娘が丁度カーテンの縫い目のところで給油を始め、私はすぐに縫い合わせることなくそのまましばらく放置した。気が付いて縫い合わせたのは1時間半くらい後だった。今、オイル缶を見たら、たくさん残っていた。一昨日満杯の缶から一度給油したので、あの時2度目であったはずで、そうすると、残りは僅かのはずだ。ところがまだ、5分の2ある。

ほんとうに、気が抜けない。

加害組織は強大で、私一人では太刀打ちできない。被害者仲間で力を合わせなければ、子どもを守ることはできそうもない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どなたか、被害者仲間の女性で、共同生活を望んでおられる方はいらっしゃいませんか?助け合ってこの困難を乗り越えたいのです。仲間は多いほうが良いと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

いただいた年賀状がなくなった

結局、腹を立てないでいられる日はないということか。
今年いただいた年賀状が全部なくなった。夕方まではあったので、0字10分から30分までの間に盗られたと思う。

私は昨日は昼の12時から3時10分までベッドで眠った。3時間10分では足りないので、たいてい後で30分くらいは椅子で眠る。今回は0時05分から40分まで眠った。
ストーブが「E4」(意味不明の不完全燃焼で止められる)になるたびに日記に記録しているが、0時5分まで10分置きに「E4」になっていたのが、0時10分から30分まで20分空いている。20分あれば、娘を操作して窓を開けさせ、10センチしか開かないようにしている窓から葉書を外に出させることなど簡単だ。その後で、鍵の上から新たに紙鍵をつけて、写真を撮らせ、前の写真は消させる。

果たしてそれだけだろうか?
年賀状を盗られたのは腹の立つ事ではあるけれど、娘に危害は加えられないだろう。窓が10センチしか開かないようにしているのだから。
けれど、本当に窓だけだったのだろうか?昼間の3時間10分、私が眠っていた間に玄関から入ってこなかっただろうか?玄関の内側にカーテンを付けて、釘で打ちつけ、写真に撮り、メモリーカードに入れ、それを私の着ているパジャマの胸ポケットに入れ、糸で塞いでおいた。また、金槌はチャンチャンのポケットに入れ、やはり糸で動かないように縫いつけた。けれども、念のため見ると、閉じたはずの糸はゆるくなっている。

これではどうしていいのか分からない。

いったい今まで、何回侵入されたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

ブログの効果

「見えない敵との戦い」の耳印さんへ、私のブログの開設お知らせをコメント欄に送る事ができた暮れの30日、このブログへのアクセス数が3倍に跳ね上がった。とっても、びっくりした。耳印さんのブログを沢山の方達が読んでいること、そして励まされている事の明らかな証拠だ。

耳印さんの被っているハイテク被害は凄まじいものがあり、普通なら、耐えられないと思う。特に、弱虫の私など、果たして何日持ちこたえられるだろうか?1週間でも怪しいと思う。

私の被っている被害は何種類もあるけれども、最近は、間断ない肝臓と腎臓への攻撃と、朝方の下痢を起こす直前の腹痛、あとは時々目やひざの裏や足の外反母趾の痛みなどがある。磁石やアルミで防御できるものとできないものがあり、肝臓の痛みは去年8月の検査で異常が出るほどになっている。また、むくみはここ数年続いている。けれども医師は、
「気にしなくていいですよ。」と言い、
「何に気を付けたらいいですか?」との質問にも、
「特別に何もありません。」と、少しあわてたように答えた。

この医師は信頼できると思って往復2時間かけて電車で通っていたのたけれど、やはり、加害組織の丸めこみは8カ月で完了したようだ。それがはっきりしたのは去年の12月、書類として通用しない診断書を渡されたことで、少しだけあった甘い考えに終止符を打った。

肝臓の痛みはイライラ攻撃とともに、耐えられないほどになる。そのようにして加害者は、同時に娘にもイチャモンビームを流し、諍いを起こすように仕向ける。娘もいろいろ攻撃されているので(頭痛、腹痛、歯痛、だるさ、足をぶつける、痒み、色素沈着、能率的に動けない、頭骨の変形、髪の毛の一部の変色ーー茶色、金色、白髪ーー等)。そして、間断ない熱攻撃。

これ以上の攻撃には耐えられない。

なので、耳印さんはすごいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

希望に向かって

新年明けましておめでとうございます。

被害者仲間の皆さんには、空々しく聞こえる挨拶でしょうか。

私にとっても、被害を受け始めてからのお正月は、実際、おめでたくなどありませんでした。今日も昨日も、相変わらずの被害です。理不尽な攻撃に耐えかねて、「お正月など豚にくれてやれ」と心で毒づいた事もありました。

けれども、今は、100%新年を祝う気持ちにはなれないとしても、少なくとも、ハイテク攻撃解決への希望を持てる年になると思っています。

去年は被害者仲間が次々とブログを開設しました。街宣活動をしてくださっている仲間も、書籍を出版した仲間もおられます。そして、今年は被害者報告集が出版されるそうです!

>「世の中が変わらないことなんかあり得ない」

>来年こそは何かが変わると信じている。

これは「見えない敵との戦い」の耳印さんのブログにあった言葉です。ほんとうにその通りと思います。

人類の明るい未来は、私たちハイテク被害者の幸福無しにはありえません。
お互いに、身体を労わりながら、希望に向かって進みましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »