2020年9月10日 (木)

精神病院へ入れられないために

集団スト―カー・テクノロジー犯罪被害者は高い確率で精神病院へ強制入院させられています。

 

Jeanさんのブログにその時の恐ろしい体験が書かれていますので、元記事へ行ってお読みください。

ここでは精神病院へ入院させられないための心掛けを抜粋してご紹介します。

 

ーーー転載始めーーー

 

LLRS「薬の話・精神科での出来事」

http://killslowkill.blogspot.com/2017/06/blog-post.html?m=1

 

(略)

いくつかの病院に入院したことがあるのですが、上記の病院は集団ストーカー関係なくても危ないと有名な病院で資本も大きそうな病院で、そういう病院ほど集団ストーカーを主導している組織との関わり、利害関係、癒着などが多いのでしょう。他のどちらかというと医者の家族経営といったような精神病院では、特に酷い集団ストーカーはなく悪評流布による軽い病院苛め程度で済み、思考盗聴の悪用もとくになかったようでした。

集団ストーカー被害者の中には、どうしても苦しみのあまり精神科に通うことになる方もおられると思いますが、有名な私立の精神病院だけは絶対に行かないほうがいいと思います。普通に通院だけでも患者苛めがあるので、まだましだと思われるのは小さなクリニックや、公立の医療センターです。そして、入院だけはなるべく防ぎきらないと、本当に危ないです。入院は基本的に任意入院でないと病院を選べず、入院工作されたときはだいたい集団ストーカーにとって都合のいい病院に運ばれてしまいます。必ずではありませんが、病院内で集団ストーカーは起こり得て、下手したら苦痛のあまり退院できないということもあり得ます。また、医者の診断をかわすことができなければ、メジャートランキライザー漬けにされてしまい、神経が再起不能になるリスクもあります。医者によっては薬のリクエストが効くこともあるので、薬の予備知識もあった方がいいかもしれません。音声送信や幻聴の訴えだけは何が何でも言わないように。幻聴申告で即、メジャートランキライザーで入院及びその期間長期化の危険性。院内集団ストーカーが起こってしまうと、被害者にとっては地獄であったり人生の終わりになってしまう可能性もあるので、普段の素行も加害側の挑発に反応しすぎたりせず、絶対に入院工作についてはなるべく早く察知してかわし切るという、警戒心が必要です。

 

―――転載終わりーーー

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

台湾に学ぶ

今まで台湾については中国の圧力が強いことくらいしか知りませんでしたが、選挙の投票率が74.9%もある事実から、学ぶべきことがあると思いました。

 

一部を転載させていただきましたが、是非、元記事をご訪問ください(^^♪

 

ーーー転載始めーーー

 

臣が語る「バグを恐れない」生きかた

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f31faa5c5b6960c066b5149?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

 

投票率74%の台湾。言いたいことがあれば声を上げる

台湾は選挙への意識も高い。蔡英文総統が史上最多得票を獲得した2020年1月の選挙では、投票率は74.9%を記録。投票のために海外の留学先から戻った若者も目立った。

「統一」を目指す中国大陸の存在を常に意識せざるを得ない、という事情もあるだろう。とはいえ、日本と比べなぜここまで意識の差が生まれているのか。

「もし2013年の台湾(学生や市民らが国会を占拠した「ひまわり学生運動」があった2014年以前の台湾)に来て“政治に興味ある?”と聞いて回ったとしたら、あなたは変な人だと思われるでしょう。それまでは、多くの人が、政治は政治家がやるものと思っていたし、SNSで政治関連の書き込みに1万いいねがついても、実際にデモをやってみたら誰も来ない、という有様でした。

そこから6年ほどかけて変わっていきました。日本でも国会を占拠しろ、とは言いません。けれども、皆が興味を持ち、大規模な行動に変わっていくものがあれば克服できると思います」

 

ーーー転載終わりーーー

 

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

「本当につらい時こそ、もう少しだけ頑張ってみる!」

被害者仲間、ウォーカーさんの感動的な記事です。

過酷なテクノロジー犯罪攻撃に苦しまされている方の言葉は大変重く、励まされています。

 

もう一つのブログの副題にもなっている言葉とともに、ここに転載させていただきます。

 

「希望は思考と行動の継続にある」

 

ーーー転載始めーーー

 

日記&メモ帳

 

本当につらい時こそ、もう少しだけ頑張ってみる!

https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-471.html


 

黒澤明「生きる」言葉
繰り返していると、ゆとりが出てくる 「すごく単純だけど、どんな仕事でも一生懸命働いてみて、しんどいと思ってももう一押し頑張って、もう一歩ズカッと踏み込んで、もう駄目だと思ってもう一歩だけやってみる。・・・」

本日は、本ブログで『集団ストーカーの調べ方』を記事にする予定でしたが、妨害され肉体の遠隔操作で強制飲酒させられた挙句、MKウルトラされています。もう寝ようかと思いましたが、ここで寝てしまっても加害勢力の思うツボなので、少しだけ書きます。

・大切なのは、才能よりも継続して努力する力。
・大切なのは、持続して、しんどくてももうひと頑張りする力。
・大切なのは、加害勢力に何をされても、立ち上がり前を向く力。

集団ストーカーを分析・調査するという行動を習慣化した方が、いいかも知れません。才能ある方が、短期的に頑張った情報よりも、粘り強く長期間にわたって持続的に調査した被害者の資料の方が、深い情報をもたらします。

(略)

集団ストーカーの解明に必要なのは、才能よりも継続的努力

集団ストーカーの解明には、才能は平均程度あれば問題ありません。ただ、才能がマイナスな場合は、残念ながらいくら努力してもわからないという非道な現実もあります。これは書くべきではありませんが、全ての仕事にいえるまぎれもない事実です。

ですが、平均的な人であれば、才能がなくとも継続的学習と分析調査だけで、この犯罪はかなり解明できます。そして、何よりも精神的な打たれ強さと、洗脳に対する態勢が必要になります。

①平均的な才能
②継続できる努力
③精神的な打たれ強さ
④洗脳の体制
⑤自分に足りない部分を、他の人とのつながりで補う力

これがあれば、集団ストーカー犯罪は誰でも、基本的な部分までは解明できます。

本当にしんどい時に、立ち上がりもう一押しできるかどうかが大きな差になります

テクノロジー犯罪の被害が酷いと、誰でもぐったりして休みたくなります。そして、もちろん皆さんも休んで構いません。ですが、本当にこの犯罪を深い部分まで調査したい方は、つらい時こそ、妨害が酷い時こそ、脅しに負けずにもう一歩、少しだけでも半歩だけでも作業を進める必要があります。長期的に見れば、このもう一押しが出来るかどうかが大きな差になります。

もちろん、普通の被害者の方は無理せず休むことも大切です。ですが、本気で命がけでこの犯罪を解明したい方は、覚悟を決めてつらい時こそ、努力を継続するべきです。そうすれば、明日の自分が少しだけ楽になります。今の集団ストーカー被害者が、ちょっと無理してでも頑張るほど、未来の被害者が少しだけ楽になるのです。
ーーー転載終わりーーー

| | コメント (8)

2020年7月15日 (水)

テクのロジー犯罪被害・・・感情が動かない

去年の暮れのこと、テク犯被害者仲間には有名なRさんが小倉街宣に来てくださいました。

 

連日の街宣で大変お疲れだろうとは思いましたが、せっかく近くまでいらしているのだからと、来ていただくことにしたのです。

 

ところが、勇んで申し出をした後、急に憂鬱になりました。

街宣に行くのが気重になり、鬱々とした日々を送り、当日を迎えました。

また加害側の人間が被害者のふりをして妨害にくるだろうという思いが強く、常に感情操作を気にせざるを得ない状態に置かれているため、まずい状態になるのではないかという心配もありました。

 

加害側の目論見は、離間工作にあったようです。

案の定、私は感情操作されました。

寒くて震えていらしたRさんを思いやることもできず⇒何とかしてあげたいという感情が湧かない状態(サイコパスはこんな感じなのでしょうか?)になっていました。その上、懇親会ではお茶代も自分の分しか出さない、というありえない行動をとってしまいました。それだけでなく、遠方から参加された方とばかりおしゃべりし、前々からRさんにはいろいろ教えていただきたいことが沢山あったにもかかわらず、ほとんど無視するという状態で、本当に申し訳ない結果になりました。

 

その日以来、私はだいぶ落ち込み、加害側の感情操作にいいようにしてやられた自分に腹が立ち、Rさんに対する申し訳なさで鬱々とした日々をおくりました。

 

テクノロジー犯罪の攻撃はいろいろありますが、感情操作は大変辛いものです。

それにより、自分が苦しむだけでなく、かかわった被害者仲間をも苦しめたり嫌な思いをさせることになるからです。

そして、同じ被害者とはいえ、同じ攻撃を受けているのでなければ、理解が相当難しい攻撃もあります。そのうえ、マインドコントロールは本人が気づかないうちにやられていますので、果たしてどこからどこまでが自分の本当の感情なのか、わからなくなってしまう事もあるのです。

 

 

数年前、アメリカの被害者の身に起きた実話を読んだことがあります。

その人は仲間と一緒に反政府運動をしていました。ところが、ある日突然姿を消し、2か月後に現れたときにはすっかり権力側を擁護する考えになっていて、かつての仲間から裏切り者と言われ、本人は訳が分からず悲しみのあまり自殺してしまったのでした。

これでわかるのは、その人自身、自分が変わってしまったことを自覚していなかったということ、2か月の間に自分の身に何が起きたのかもおぼえていないこと、つまり、テクノロジー犯罪にやられたことを理解していなかったので、わけがわからず解決法も知らず、絶望した、ということでしょう。

 

テクノロジー犯罪は大きな不幸を作り上げています。

自分は平凡な人間だからそんなことが自分には降りかかってくるはずがないと思っている方は多いでしょう。それよりもまず、こんな犯罪なんてない、被害妄想だ、と思うでしょう。けれども、被害者にされている多くの人達は平凡な人生を送っていたのです。加害側が勝手に選んで心身の人体実験を行なっているのです。被害者にされても気付かない人も多いでしょう。なぜなら、テクノロジー犯罪は遠隔操作でできる犯罪ですので、加害者を見ることはまず、ないからです。遠隔からマイクロ波や超音波、光、放射線、等を照射して、被害者を病気にさせたり、心身の操作をしたりできるのです。

 

これを信じられないかたはどうぞ、次の資料をご覧ください。

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 技術資料 デルガド;「心の物理的コントロール」

https://tekuhan.org/04tech17.html

 

 

半世紀以上前に成功した実験、今は微細な操作も可能になっています。

この恐ろしい犯罪をやめさせるには、国会でテクノロジー犯罪を禁止する法律を作るしかありません。

どうか皆様、テクノロジー犯罪があるということを拡散してくださるよう、お願い致します。

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

小池誠博士のブログをご覧ください

小池誠博士のブログからの一部転載です。

 

―――転載始めーーー

マイクロ波聴覚効果及びその関連(旧題 自衛隊の犯罪を斬る)

https://ameblo.jp/patent123/entry-12610252181.html?frm_src=favoritemail

騒音訴訟

さて、来週、7月15日、水曜日に東京都内のとある法律事務所で法律相談を予定しているのですが、基本的には、この騒音訴訟と同様の構造を想定しています。即ち、国が電波兵器から電波ビームを照射して、マイクロ波聴覚効果により、声や音などを強制的に聞かせているので、このような騒音被害に対して、差止を請求するとともに、損害賠償を求めるということになります。

 

軍用機が飛行場を離着陸するときには、軍用機を運行する何らかの事情があるのに対して、国が電波兵器を使って秘密裡に声や音を聴かせる事情は全くないので、差し止めも損害賠償も容認されると想定しています。

 

国は、精神医学に依拠して反論することも想定されますが、精神医学関係者は、電波、電磁波、兵器に関する知見が全くなく、迷信、虚偽、疑似科学に基づいて、デタラメを述べているのに過ぎません。

 

ーーー転載終わりーーー

 

科学者の小池誠博士が訴訟を起こされるということに、大変ありがたく、期待が膨らみます。

とうとう日本でも、こういう時が来たんですね。!!!

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

被害者仲間の短編小説・・・胸に迫った言葉

小説は各自が感じ取れば良い読み物ですので余計なことかもしれませんが、嬉しかった言葉を是非、被害者仲間と分かち合いたいという思いが強く、昨日の短編小説で胸に迫った部分をご紹介します。(^^♪

 

―――転載始めーーー


短編小説『集団ストーカー ベテラン被害者ハッピーさんと仲間たち』
hthttps://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-396.html

(略)

私たち自身の、試行錯誤と、思考と行動の継続こそが希望だったのだ。絶望して何もしないなんてばからしい、これからもみんなで支えながら、自ら希望を生み出してそれを広げていこう。

(略)

どんなに絶望的に見える状況でも、相手が人間であり人間が作ったものである限りは、必ず解決策がある。多くの人は、洗脳されて希望が見えなくなっているだけだった。希望は思い込みではなく、確かに実在した。あの星々と同じだ。
前向きで、理性的な行動の数だけ、希望の星と可能性が増えていく。

―――転載終わりーーー

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

被害者仲間の短編小説

被害者仲間のウォーカーさんが短編小説を書かれています。

穏やかで優しさあふれる内容ですので、どなたも安心してお読みください。

ウォーカーさんは過酷なテクノロジー犯罪被害者ですが、変わらずに発信し続けておられる理由が、わかるような小説です。

ウォーカーさんが被害者仲間に伝えたいことが何なのか、希望の持てる最後の部分を是非、お読みください。(^^♪

 

短編小説『集団ストーカー ベテラン被害者ハッピーさんと仲間たち』

https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-396.html

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

テク犯被害者ジャーナリストの大沼安史さんの危機

反原発の本を出版され、テクノロジー犯罪被害者にされた大沼安史さんが今命の危険にさらされています。

 

集スト・テク犯の被害者はだれも皆、大変な状況に置かれていますが、特に大沼さんのような、権力側にとって都合の悪い方は過酷な攻撃をされているようです。

私達テク犯被害者は、圧倒的に強大な加害組織に対してなす術もなく、過酷で卑劣な攻撃に耐えている毎日ですが、それでも、この犯罪に対抗する道は皆無ではありません。そう考える被害者仲間は周知活動に頑張っています。

 

私にも何かできないかと、議員さん達にメールを送ることを思いつきました。

私が実際に送ったメールをご紹介します。

この内容で伝わるかどうかわかりませんが、とりあえず、宮城県の全県議会議員さんに送っている途中です。

何かご助言がありましたらコメントをよろしくお願い致します。

 

ーーーーー

 

宮城県議会議員OOOO様

 

突然失礼いたします。

私はOO県在住の、世間にはほんど知られていない犯罪の被害者OOOOと申します。
テクノロジー犯罪と私達被害者は呼んでおりますが、世界的な犯罪で、英語ではelectronic harassment、 electronic totureとも呼ばれています。

肉眼では見えないハイテク装置を使っての人体実験犯罪で、世界中に被害者がおります。海外では報道している国も複数ありますが、日本では報道されていませんので、理解されにくい犯罪です。
けれども、1960年代にはすでにホセ・デルガド博士が猫やチンパンジーをリモコンで心身の操作ができる証明がされていて、「心の物理的コントロール」という本も出版されています。


大沼安史さんは福島原発の事故に関連する調査を続け、本も数冊出版しておられましたが、その途中でテクノロジー犯罪の被害者にされました。

現在仙台北郊の総合病院の救急救命センターに緊急入院された大沼安史さんについて知っていただき、助けていただければと願いながら書いております。
大沼さんは入院先でもハイテク攻撃を受け続けていて、内臓を相当やられているとのことです。命の危険もありえますので、是非、議会で問題にして助けていただけないでしょうか。

以下は大沼さんのブログとテクノロジー犯罪関連資料です。

お忙しいとは存じますが、どうぞよろしくお願い致します。
m(__)m


机の上の空 大沼安史の個人新聞
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/

被害者団体のひとつ
NPO テクノロジー犯罪被害ネットワーク
https://www.tekuhan.org/

テクノロジー犯罪の技術資料
https://www.tekuhan.org/04tech.html

世界の被害者団体と連携している被害者ブログ
TI Day
https://ameblo.jp/raquell2012/


年月日
名前

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

「アメリカで起きていることについて、知っておいていただきたいこと」

昨日、「アメリカで起きていることについて、知っておいていただきたいこと」というメールがサム・アネスリーさん(グリーンピース・ジャパン事務局長)から届きました。

今話題になっている米国警官によって無抵抗な黒人が殺された事件の関連ですが、こういう問題はすべての人にとって無関係ではないと考えますので、転載させていただきました。(このメールは個人的なものではありません。)

 

ーーーーー

 

サム・アネスリー(グリーンピース・ジャパン事務局長)

こんにちは。
先日、グリーンピース・アメリカの同僚からとても切実なメールをうけとりました。
きょうは、いつもグリーンピースを支持してくださる日本の皆さんにも、どうしても、彼らの訴えを共有したいと思い、お便りしました。

このようなメッセージです。

「アメリカの黒人の人たちは、完全に倫理に反した暴力に日常的に直面しています。
それだけでなく、人種差別は環境問題と非常に密接につながってもいます。
気候ジャーナリストのエリック・ホルトハウス氏は、その関連性について以下のように述べています。

『気候変動が人種差別主義である理由は、それを引き起こした制度が人種差別主義であるからです。
もちろん暴風雨は肌の色を気にしたりしませんが、異常気象のもとでは、貧しい暮らしをしている人たちがより大きな被害にあうため、すでに存在している社会的な貧富の差をさらに大きくしているのです』

いま、アメリカでは4千万人の人が職を失い、医療サービスを受けられずにいます。
何百万人もの人たちがホームレスになろうとしています。
看護師たちが防護マスクや手袋を入手できない一方で、地元警察は戦闘服と兵器を備えています。
黒人がコロナウイルスや警察によって命を奪われる割合は白人の2倍です。
警察は催涙ガス、催涙スプレー、ゴム弾などを平和的な抗議者たちに向けて使用していました。
より酷い暴力がこの先に行使されることが非常に懸念されます。

マーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師が、『頭上に広がる道徳の弧は長いが、それは正義に向かって伸びている』といったように、そうであることを切に祈っていますし、そう感じるようになりはじめています。

いま、アメリカ人は情緒的に消耗しています。
多くのアメリカ人はとても疲労し、悲嘆に暮れています。
私たち全員が、ミネアポリスで、武器を持たない黒人男性が警察官によって公然と殺害されるさまを目にしました。
警察官による殺人の99%は決して起訴されません。彼らは刑罰を受けずに黒人や褐色肌の人たちを実際に殺しているのです。

今回の殺人は、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの人が生命の危機に晒されている最中に起こりました。
エッセンシャル・ワーカー(人々の生活の維持に欠くことのできない仕事をしている人たち)の多く(食料雑貨店の店員、バスの運転手、郵便局員、看護師、配達業者など)は、勤務の継続を求められながらも、雇用主から安全装備の提供を拒まれている黒人や褐色肌の人たちです。
アメリカは黒人の命などどうでもいいとでもいうのでしょうか。

ご自身の安全を図りながら、オンラインでの抗議活動に加わってください。
ハッシュタグは#BlackLivesMatterです。
黒人の命の尊重を求める国際的な声の高まりに、アメリカ人がどれだけ励まされているか、それは言葉では言い尽くせないほどです。

みなさんからの世界的な団結と正義への真剣な取り組みに対して、あらためて感謝の意を表します。これこそがグリーンピースがこの世界に存在する本質的な意義なのです」

 

グリーンピース・ジャパン事務局長
サム・アネスリー

 

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

今、私達が立たされている位置

youtubeで「WHO&レディガガ:COVIDカルチャー」を検索してみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=ywhNRaGi63g&t=12s

(URLだと出ないことがあります)

 

この動画が大変重要であり、私達を陰で支配している世界的権力がどんな狙いをもっているのかを、わかりやすく見せてくれています。

アメブロに、もう一つの私のブログ「長崎だより」がありますが、ホームを開けなくなっています。多分テク犯加害側の妨害なんだと思いますが、これから先、ますます妨害は強化されるかも知れません。

是非、今のうちにこの動画をご覧ください。日本の政治状況は大変危険になってきています。中国ではすでに大量監視社会が出来上がってしまいました。

日本では内閣が司法に口出しをするまでになっていて、なんでも閣議決定で法律まで捻じ曲げることをやっています。

今、地球上で何が起きているのか、それが人類の未来にどんな風にかかわってくるのか、私達は真剣に考える必要に迫られています。

のんびりしたいのは山々ですが、本気で考えないと大量監視・管理社会のワンワールド=NWO(ニューワールドオーダー)が出来上がってしまい、ます。そうなってから気付いた時にはもう遅いのです。

どうぞ上の動画の拡散をお願い致します。

邪悪な権力の思うような世界にしないために必要なのは、一刻も早く多くの方に知っていただくことだと思います。

ネットで1000万もの声を集めた検察法案改悪に抗議しますのRTの結果、与党は法案成立を諦めました。

そのことは、多くの声が政治を動かすことを証明してくれました。

私達は邪悪な法案を通さない、集ストテク犯禁止の法律を作る、と強く願って行動したいと思います。

簡単ではありませんが、不可能ではないと信じています。

| | コメント (0)

«若い頃のエコ体験を少し(^^♪