2020年11月15日 (日)

あなたは何も悪くない(被害者仲間からの非公開コメントへの返信)

(非公開の方のHNはすべて「Zさん」にしています)

 

2020-11-02 20:49:23への返信

Zさん、久しぶりのコメントありがとうございます。

最近忙しくてブログを見ていませんでした。返信が遅くなって申し訳ありません。m(__)m

 

作業所というところはそんなに安いんですね。吃驚しました。

あなたは能力も忍耐力もある方なのに、それを発揮できず、テクノロジー犯罪に翻弄されているのを見るのが辛いです。

でも、それでも頑張って、その上、私達親子のことまで心配してくださって、本当に嬉しいです。

 

私達も毎日複数の攻撃に、散々な思いをさせられていますが、それでも、楽しみが全くないわけではありません。

特に、ポスティングの時は、道端に割いているかわいい花や楽しい雲をみられたりするので、幸せを感じます。

 

私はあなたに初めてお会いした時から好感を持っていて、今までずっと、変わらずにいます。

そのためでしょうね。加害側が私達の離間工作をしているのは。

去年、あなたがテク犯で病気にさせられ、手術をする羽目になった時も、強力にメールの改ざんをされましたね。

そあなたはその、偽のメールを信じてしまって私を加害者と言いましたが、ショックで、私にはそのメールが加害側の改ざんであることを話してしてあげることができませんでした。

それでも、その後あなたが気付いてくださったようで、安堵しています。

 

あなたはある宗教の信者さんの誘いに応じているようですが、カルトでなければ良いことだと思います。

私自身は、この犯罪の救いを宗教に求めるのは論外と思っていますが、それは私の経験からの結論ですので、もし、宗教があなたを救ってくれるなら、入信することは良いことだと思います。

現に、ものすごく頑張ってくださっているある被害者仲間は仏教徒と聞いています。

 

あなたのことを思う時、心配なのは加害側のテク犯操作を真に受けてしまうことがある、と見受けられることです。

加害側のテク犯技術は、常識では考えられないほどのものであることを、ご存知ですか?

「神の声兵器」というのが有名ですが、この技術の存在を知らないと、あなたの頭の中に送信された感情や考えや言葉を、あなた自身のものであると誤解してしまいます。

敵はあなたの五感さえ操作できることをしっかり認識してくださいね。

特に、あなたの、ご自身の元々の問題と思っていることも、敵の操作が原因である可能性が大変高い、ということを考えてみてください。

あなたは本当に、心の優しい方ですから、加害側はそういう人を潰したいのです。

 

敵は、善人を被害者にしている場合がほとんどだと、私は考えています。

なぜなら、この犯罪組織のやり方は悪魔でなければできないと思えるほどの冷酷さと卑劣さと巧妙さで被害者を痛めつけますから。

 

悪魔は善人が嫌いで、堕落させることに奮闘しています。

悪魔の定義はたぶんキリスト教から来ていると思いますが、「トルストイの民話」に出てくる悪魔達を見ると理解しやすいと思いました。ただ、その悪魔達さえ、現実の人間と比べるとまだかわいげがありますね。現実の一握りの人間たちの冷酷さ、卑劣さと言ったら、物語の悪魔どころではありません。

原爆で有名なマンハッタン計画の目的は「戦争を終わらせるため」という大義名分がありましたが、本当の目的は、米国が世界の覇権を握りたいというわかりやすいもの以外に、恐ろしい秘密の目的がありました。

それが「プルトニウム人体実験」に書かれています。この人体実験はマンハッタン計画の裏の目的で、国立病院の入院患者に猛毒プルトニウムを注入するというものでした。プルトニウムが人体に与える影響を、医師達が患者の承諾も得ず、もちろん説明もせず、勝手に犯した犯罪です。

この事実は、あるバカ―キートリビューン紙のアイリーン・ウェルサム記者が調べて新聞に発表し、本にもなりました。それを広瀬隆さんが翻訳・解説しています。この本は、世の中に本当の悪人はいないと信じている善人にとって目を覚まさせてくれる大変良い本です。絶版になっていますが、通販で中古が買えます。

ttps://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB%E2%80%95%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/4093894515/ref=sr_1_1?dchild=1&hvadid=335200012044&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93&qid=1605383606&sr=8-1&tag=yahhyd-22


ご自分の状態がテクノロジー犯罪組織の人体実験によるものだという認識をもってくださいね。

そのことをしっかり認識できていないと、敵に立ち向かう基礎ができないため、やられ放題になります。

あなたは何も悪くないことを自覚しましょう!

 

これからはメールや電話が加害側によって改ざんされる恐れがあることを常に頭にいれておいてくださいね。あなたは私の住所を知っているのですから、いつでも会いにきてください。私から良くない内容の連絡が行ったら、それをじかに確認しにきてくださいね。夜中で合っても歓迎します。その際、あなたの声が聞こえないようにされるかも知れませんので、その時は家の横に回って雨戸をガンガン叩いてください。そしてメモを書いてドアーの郵便受けに下まで落ちるようにいれてください。

気付き次第、外に出ますし、その時あなたがいなければ、わたしがあなたの家まで行きます。

あなたはとても大切な被害者仲間ですから、そのことを忘れないでくださいね。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

新しいスーパーの店長

先日、大手のスーパーが開店した。

すでに1㎞しか離れていない所に同じスーパーがあるのにと驚いたが、近いので行ってみた。

初めて行った時にはまったく問題なく、いつも用意している周知チラシを渡しそびれた。

けれど、昨日2度目に行ったら、警戒品出し振り店員が数名見受けられた。

それでレジで精算してチラシを渡したあと、店員さんに頼んで店長さんを呼んでもらった。

「お忙しい所すみません。」

と挨拶してからチラシを見せながら簡単に説明してチラシを全店員さんに渡していただけませんかと頼んだが、1部だけと言われたのでそのようにした。

店長さんもお店によっていろいろだが、この店長さんは事務員のような感じの方だった。愛想がない、反応がない。私の顔を見ようともしない。

集スト店員の存在と合わせて考えると、この店長さんは集団スト―カー犯罪についてすでに知っていて、加害側からの依頼を受けているか、本人が加害側にいるのかのどちらか、との印象だった。

こんな反応の店長さんなら、わざわざ行くこともない。

このお店は以前ほかの系列のスーパーがあった場所に大幅に改築増築してできているが、道までも広くなっている。大手だからそれだけの力があるのだろう。

少し遠いが、他のスーパーの方があからさまな集スト店員はいない。

集スト被害者が行けば集スト加害者もついてくるので(笑)、結局それもなくすことになるんですよ店長さん(^^♪

客を見て普通の挨拶もできない店長さん(^^♪

 

| | コメント (4)

2020年10月11日 (日)

届かないメール

1昨日コメントをくださったMさん、非公開で、とのことですので公開はしませんが、他の被害者仲間にも参考になると思われますので、返信はこちらにしますね。

 

あなたが連絡をした被害者団体には、私も連絡がつかない状態で10年以上経ちました。

その団体の代表とは面識があり、好印象を持っていましたし、今でも、活動を続けておられる尊敬できる方です。

ポスターを送っていただいたことがあり、それは無償ということでしたが、私は自分でできる応援をしたいと思い、少し送金しました。

メールも送りましたが、返信はありませんでした。

その後もう一度メールをしましたが、やはり同じでした。

 

それで私が思ったのは、私のメールも送金も、その方に届いていなかったのだろうということです。

つまり、加害側が介入したということです。

 

あなたが被害者団体にメールをしても返信がないということは、お考えの通り、届いていないのでしょうね。

 

加害側は被害者を孤立させたり離間工作のために様々なことをします。

メールを止める、

メールの改ざんをする、

なりすましの電話をかける

送金の横取りをする、

PCに介入し嘘の情報を流す、

など、その他にもいろいろ悪さをしかけてくるでしょう。

どうしても連絡が取れない場合、その団体の会員さんに連絡をとってみるのも良いでしょうし、直接会合に行って見て、事情を話してみるのも良いと思います。その時に会合に参加できなかったとしても、申し込みをすることができるかも知れませんし、話を聞いていただける可能性はありますね。

集団スト―カー・テクノロジー犯罪の被害者が避けるべきことは孤立状態です。

是非、(できれば近くの)被害者仲間と知り合ってください。

そして、仲間と一緒に周知活動に参加できるようになると良いですね。それが、生き抜くために必要な希望を育んでくれます。

がんばりましょうね!

 

 

| | コメント (3)

2020年10月 5日 (月)

中村哲先生の言葉

尊敬して止まない中村哲先生の記事が「信毎web」に載りました。

中村先生についてご存知ない方は是非、お読みください。

 

「中村哲さんの警鐘 命を顧ぬ空論の危険」

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20201004/KT201002ETI090020000.php

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

テクノロジー犯罪被害者の家

一昨日、ネットで見つけた安い中古の家を見に行きました。

事故物件ということをあらかじめ聞いていたので、花を買って持っていきました。

事故物件の家を見に行く人はまれだろうと思います。縁起が悪いとか、気持ち悪いとか、悪霊に取りつかれるかも知れないと恐れる人もいるでしょう。

でも、私はあまり気にしません。

自殺された方が不憫でお気の毒と思うだけで、怖くはないのです。

生きている人間のほうがよっぽど怖いでしょう?

テクノロジー犯罪によって長年痛めつけられてきた被害者は、たぶん、同じような思いでおられることと推測しています。

テク犯加害者は、心底卑劣で、冷酷で、人でなしであることを、さんざん見せつけられてきたからです。

 

不動産会社の営業さんに案内された家の玄関で合掌し、入りました。

天井は、所々黒ずんでいました。

以前私が住んでいた家の天井も時とともに急激に黒くなっていったことを覚えています。

たぶん天然木の場合は黒くなっていくのでしょう。(現在住んでいる家の天井はポリプロピレンのような材質です)

 

この家に住んでいて自死された方は、おそらくテクノロジー犯罪の被害者だったのだろうと思います。

この方に被害者としての自覚があったかどうかはわかりません。

3~4年前に亡くなられたとのことですので、もし、出会えていたら結果は違ったかも知れないと思うと、悲しみが増してきました。

2階には小学生用の机がありました。残されたご家族はどうしていらっしゃるのだろうと。

自死された場所に花を置いて、その家を出ました。

もう2度とこの地域には来ないだろうと思いながら、坂道を下りていきました。

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

ひきこもりの被害者仲間へ

集団スト―カー被害が酷いと引きこもりになるのは当然のことで、多くの被害者が初めはそうなるのではないかと思います。

ただ、集スト被害はテクノロジー犯罪被害と違って心の持ちようで多少軽減可能です。

付きまといをする加害者に対してはさりげなく携帯電話で風景を撮ってみてください。加害者・加担者は自分の顔を撮られていると思うとサッと(笑)逃げます。

また、お店で買い物中につきまとう連中は無視しましょう。
確実に効果があるのは段ボールか固い紙に「私は集団スト―カー犯罪の被害者です。(私に近寄る人間は加害者です)」等マーカーで大きく書いて首から前後に下げることです。私はこれをやってからあからさまな付きまといがなくなりました。

 
集スト被害者はおとなしい方が多いので、ただ黙って耐えている傾向にありますが、それだと益々辛い状況に追い込まれます。始めは抵抗があるとは思いますが、思い切ってやってみてくださいね。その際、他人の目は無視してください。まっすぐ前を向いて、視線は下方45度のあたりに向けていると加害者の顔を見ずに済みます。
加害者は被害者が苦しんでいる顔を見るのが楽しいので、無視されるのが残念なようです。連中のいやらしい顔をわざわざ見ることはありません。
私は以前、連中のいやらしい、意地の悪いニタニタ笑いを散々見せられてきましたが、そんなのを見ても良いことはひとつもありませんので、無視するにかぎります。

私達集スト被害者は、善人だから被害者にされたのです。なので堂々と外出してください。
買い物はあらかじめメモをしておき、できるだけ短時間に済ませると良いと思います。
また、破損された商品はさわらないこと、大きい荷物は持っていかないこと、他店で買ったものを持って入店する場合は、袋の口にテープでレシートを止めておくこと、買い物袋はレジの人に見えるように口を開けて置き、何も入っていないことをわからせること、(その動作だけで十分で、かつて私がやったように「何もはいっていませんので確認してください」と言う必要はありません。レジの人は忙しいので迷惑になります。)

レジで支払いを済ませた後に、集スト周知チラシを手渡すことを毎回すると効果があります。バッグの中には常にチラシを入れておくと良いです。

同時に、店長さんを呼んでもらい、受けている被害について簡単に説明し、ご協力くださるようにお願いすると良いです。何も知らずに加担させられている場合は、その後被害者に対して態度を変えて、店ごとの加害加担はしなくなる場合があります。店長地震が加害者の場合はなかなか難しいですが、そんな時にはお店の外でメガフォンで街宣をすると効果があります。私をこれをやって驚くほどの効果を上げた経験があります。

加害側がいかに周知されるのを嫌がっているか、驚くほどです。

 

最後に、

ちょっと冷たい言い方をしますが、引きこもりになれるのはある意味で恵まれているということを認識してください。

餓死するつもりでない限り、食料補給のために外出しなければならないですが、買い物をしてくれる、さらには調理をしてくれる家族がいるということは、恵まれている、と言えるのです。

一人暮らしの人や誰かを面倒見なければならない立場の人にとって、外出は絶対必要で、辛くてボロボロになっていても、ひきこもっていることはできません。

でも、どういう立場にいたとしても、集スト被害は辛いので、おとなしい自分を変える必要がありますね。

この犯罪は、誰かに頼りたくても誰も助けてくれません・・・・・…助けたくても助けることができないのです。

被害者でいたくないならこの犯罪を撲滅する以外ありません。

そのためには周知活動が不可欠で、多くの方にこの犯罪の恐ろしさを知っていただき、大きな声を国会に届け、禁止する法律をつくることです。

今では多くの被害者仲間が周知活動に立ち上がっていて、大変良いチラシも作られています。

 

ベガのブログベガのブログ

https://ameblo.jp/vega521/entry-12326491044.html

 

さあ!初めの一歩を歩き始めましょう\(^o^)/

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

今朝メールをくださった被害者仲間へ

今朝はメールをありがとうございました。

あなたと私には加害側の離間工作があって、メールのやり取りをしていても頓珍漢な返信があったりして、あなたが何を言いたいのかがわからなくなることがあります。きっと、私からのメールもそうなんでしょうね。

先ほどのメールもそうでした。

 

宗教にすがることができ、それがあなたの心に平安を与えてくれるのなら、そしてそれが反社会的な団体でないのなら良いことだと思います。たとえ被害がなくならないとしても、他の信者さんと助け合える関係を築いていけたら良いと思います。

以前、私に紹介してくださった信者さん二人がおられる団体なんですね?カルトでなければ良いと思います。

私は宗教にすがるつもりがないので、もう、あの方たちとはお会いしませんが。

 

それよりも、しばらく前からあなたの体調が悪くなり、同時に精神的に大変になっているのではないかと心配しています。

私はスマホを扱えないため、(画面がちょっとのことで動くので嫌いなのです)PCのほうにメールをくださるようにメルアドをお知らせしても、こちらには届きませんでしたし、ブログのコメント欄にも届きませんでした。ツイッターのDMへと書いて送信した後はあなたからのスマホメールがない状態です。

 

スマホは娘が私の代わりに操作していますので、実際、面倒なのです。

もし、どれも駄目なら配達記録で手紙を送ってくださいませんか?

配達記録は書留ほど高くはなく、郵便局で簡単にできます。

 

直筆なら、加害側も改ざんがむずかしいでしょうし、書きたいことを沢山書けますので、是非、そうしてくださいね。

近いうちにまた会いましょう(^^♪

あなたの話をいっぱい聞いてあげたいし、私も去年の「加害者」と言われた時の誤解を、なぜあなたがそう思うようになったのか、メールの改ざんについて具体的に話したいと思います。

私達テク犯被害者は、メールや電話への介入やなりすまし以外にも、マインドコントロールをされることがある、ということを、具体的にお話しますね。私は今まで何度もやられてきましたが、あなたもたぶん、そうだろうと推測しています。そのことについて、しっかり認識しているかどうかは大変重要なのです。

近いうちに時間を作ってゆっくりお話ししましょうね。

体力が許せば私の家に遊びにきてください。

もし無理なら、私の方からあなたの家の近くまで出向きます。

では、お返事お待ちしていますね。(^^♪

| | コメント (2)

2020年9月20日 (日)

自転車で体当たりされた時のこと

集団スト―カー犯罪の被害者仲間が、加害者の自転車に体当たりされるかも知れないという怖い思いをされているとのツイートがありました。

それで私の体験をツイートしようとしましたが、できませんでしたので、ブログに書いてみようと思います。もしかしたら何かの参考になるかも知れませんので。

 

娘も私も自転車に乗っていて加害者に自転車で体当たりされたことが数回あります。

3か月ほど前にも横道の路地から突然ぶつけられ、転倒しました。自転車に乗れなくなりはしたものの、幸い,脚を少し痛めただけで済みました。

とこらが、加害者は私に対して文句を言ってきたのです。

それで抗議すると謝らないどころかあまりにも横柄で

「警察を呼ぶよ!」

等と大声で威嚇したので

「ええ、呼んでください!どちらが悪いかはっきりさせましょう!」

と言うと、急に態度を変えました。そしてわけのわからない言い訳をして一向に謝ろうとしないので、

「悪いのはあなたなんだから、謝りなさい!謝ったら今回は許してあげるから。」

と3度言い、加害者はやっと謝りました。

「はい。それでいいわ。じゃあね。」

すると加害者は意外そうな顔をしました。

多分、加害者はカルト宗教の信者か、あるいは私が悪い人間であるから懲らしめてやれと言われてそれを鵜呑みにして体当たりをしてきたのだと推測しています。自分からぶつかってきて警察を呼ぶなどと言うのは、普通では考えられないからです。

これが集団スト―カー犯罪の加害者や加担者のやっていることの一つです。

 

その件で私が強気に出られたのは、完全に加害者に非があり、あまりにも図々しかったために、遠慮の入る余地がなかったことです。そして、ボイスレコーダーを付けていたため、一部始終が録音されていました。

その後自転車で体当たりされることはありませんが、もし同じようなことが起こったら、今度は容赦しません。これは犯罪だからです。

| | コメント (4)

2020年9月10日 (木)

精神病院へ入れられないために

集団スト―カー・テクノロジー犯罪被害者は高い確率で精神病院へ強制入院させられています。

 

Jeanさんのブログにその時の恐ろしい体験が書かれていますので、元記事へ行ってお読みください。

ここでは精神病院へ入院させられないための心掛けを抜粋してご紹介します。

 

ーーー転載始めーーー

 

LLRS「薬の話・精神科での出来事」

http://killslowkill.blogspot.com/2017/06/blog-post.html?m=1

 

(略)

いくつかの病院に入院したことがあるのですが、上記の病院は集団ストーカー関係なくても危ないと有名な病院で資本も大きそうな病院で、そういう病院ほど集団ストーカーを主導している組織との関わり、利害関係、癒着などが多いのでしょう。他のどちらかというと医者の家族経営といったような精神病院では、特に酷い集団ストーカーはなく悪評流布による軽い病院苛め程度で済み、思考盗聴の悪用もとくになかったようでした。

集団ストーカー被害者の中には、どうしても苦しみのあまり精神科に通うことになる方もおられると思いますが、有名な私立の精神病院だけは絶対に行かないほうがいいと思います。普通に通院だけでも患者苛めがあるので、まだましだと思われるのは小さなクリニックや、公立の医療センターです。そして、入院だけはなるべく防ぎきらないと、本当に危ないです。入院は基本的に任意入院でないと病院を選べず、入院工作されたときはだいたい集団ストーカーにとって都合のいい病院に運ばれてしまいます。必ずではありませんが、病院内で集団ストーカーは起こり得て、下手したら苦痛のあまり退院できないということもあり得ます。また、医者の診断をかわすことができなければ、メジャートランキライザー漬けにされてしまい、神経が再起不能になるリスクもあります。医者によっては薬のリクエストが効くこともあるので、薬の予備知識もあった方がいいかもしれません。音声送信や幻聴の訴えだけは何が何でも言わないように。幻聴申告で即、メジャートランキライザーで入院及びその期間長期化の危険性。院内集団ストーカーが起こってしまうと、被害者にとっては地獄であったり人生の終わりになってしまう可能性もあるので、普段の素行も加害側の挑発に反応しすぎたりせず、絶対に入院工作についてはなるべく早く察知してかわし切るという、警戒心が必要です。

 

―――転載終わりーーー

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

台湾に学ぶ

今まで台湾については中国の圧力が強いことくらいしか知りませんでしたが、選挙の投票率が74.9%もある事実から、学ぶべきことがあると思いました。

 

一部を転載させていただきましたが、是非、元記事をご訪問ください(^^♪

 

ーーー転載始めーーー

 

臣が語る「バグを恐れない」生きかた

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f31faa5c5b6960c066b5149?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

 

投票率74%の台湾。言いたいことがあれば声を上げる

台湾は選挙への意識も高い。蔡英文総統が史上最多得票を獲得した2020年1月の選挙では、投票率は74.9%を記録。投票のために海外の留学先から戻った若者も目立った。

「統一」を目指す中国大陸の存在を常に意識せざるを得ない、という事情もあるだろう。とはいえ、日本と比べなぜここまで意識の差が生まれているのか。

「もし2013年の台湾(学生や市民らが国会を占拠した「ひまわり学生運動」があった2014年以前の台湾)に来て“政治に興味ある?”と聞いて回ったとしたら、あなたは変な人だと思われるでしょう。それまでは、多くの人が、政治は政治家がやるものと思っていたし、SNSで政治関連の書き込みに1万いいねがついても、実際にデモをやってみたら誰も来ない、という有様でした。

そこから6年ほどかけて変わっていきました。日本でも国会を占拠しろ、とは言いません。けれども、皆が興味を持ち、大規模な行動に変わっていくものがあれば克服できると思います」

 

ーーー転載終わりーーー

 

 

| | コメント (0)

«「本当につらい時こそ、もう少しだけ頑張ってみる!」