2019年5月17日 (金)

ランキングについて

ココログ仕様が新しくなってから、ランキングコピーができなくなりました。

何度やってみてもできませんので諦めることにしました。

これが、数年前だったとしたら、諦めなかったでしょう。

でも、今は状況が違ってきています。

新たに集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にされた方たちが立ち上げたブログやツイッターで、多くの情報と被害者仲間への励ましを発信してくださっているからです。

若い被害者仲間達の頑張りと励ましで、多くの被害者仲間達が良い影響を受けていて、私のブログが新たな被害者仲間の目に留まらなかったとしても問題ないからです。

そもそもブログランキングに登録した理由が、新たな被害者仲間への情報と励ましであったのですから、ほかの被害者仲間達が良いブログを運営してくださっている今、私のブログを読んでいただく必要性が薄れています。

「全く意味がない」とまでは思いませんので、続けていくつもりですが、ちょっと気楽になっているのも事実です。

有意義で素晴らしい周知活動のブログを運営してくださっている被害者仲間達に、心から感謝しております。

その方たちのブログを読んでいると、勇気と希望が湧いてくるのです。

希望こそが、私達被害者の生きる上で最も大事なもの、決してなくしてはならないものだからです。

 

ーーーーーーーーーー

 

ランキングにアクセスできない状態

 

ランキングコピペは↓のようになってしまいます。

 

人権 ブログランキングへ

ラテンミュージック ブログランキングへ


ーーーーーーーーーー


コメントは、お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

個人名を書いて加害者であるとしている場合は公開できませんのでご承知おきください。

また、私を加害者であると言いたい方はその理由と根拠となるものを提示してください。それがない場合は加害側の嫌がらせと判断します。

返信は遅くなる場合が多いです。申し訳ありませんが、気を長くお待ちくださるようお願い致します。m(__)m

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。

加害側は文章の改ざんもすることがあります。それによってどなたかを傷つけたり、不信感を抱かせたりしますので、ご注意ください。その改竄を信じてしまい、サニナのブログが嫌になった場合は、ほかの被害者仲間のブログをご訪問ください。必ず、被害者仲間とつながり、孤立しないでください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料を

街宣は[目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾 ! 打倒監視国家!」「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ掲示)は「ベガのブログ」、「みんと集団ストーカー被害者(組織的嫌がらせ)の無い優しい街へ」」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー情報&勉強会」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

コメントへのお返事 5月12日

ツイッターには沢山の情報が入ってきて、書き込むのも140文字以内なので気軽にできるということもあり、ついついブログをおろそかにしてしまっています。

そのため、ただでさえコメントのお返事が遅いのに、なおさら遅くなっています。申し訳ありませんm(__)m

公開できなかったコメントへの返信をここに書きますね。

 

:

 

2019-05-03 15:07:02 きなこさんへ

コメントありがとうございます。失礼などということはありませんので、よろしかったらまた、コメントくださいね。

その際、個人情報がなければ公開しますが個人情報があれば公開しませんので、よろしくお願いします。

 

 

2019-05-08 21:37:56 にコメントくださった方へ

コメントありがとうございます。

新しい団体を、とのことですが、私は今一緒に周知活動している被害者仲間の方々との協働を大事に活動を続けていきたいと願っていますので、ほかの団体を立ち上げるお力にはなれません。協力できなくて申し訳ありません。

もちろん、政治にかかわっていくべきですが、すでに一人の方が立候補してくださることを願っているため、可能性を考えているところです。

例えば、参議院議員だと地域によりますが、数十万もの得票が必要ですので、それだけ獲得することは可能かどうか、その選挙資金は用意できるのか、など、いろいろと難しい課題があります。

公開できたコメントはコメント欄にこれからお返事いたしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。m(__)m

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

コメントありがとうございます

いただいたコメントに非公開とは書いてありませんでしたが、念のため、非公開とし、返信をここに書きたいと思います。

特に初めのコメントは住所が書かれておりますので、やはり公開にはしないほうが良いと判断しました。

 

2019-04-22 19:00:00にコメントをくださった方へ

 

被害者の声はいろいろなところで見ることができます。

ブログ、ツイッター、被害者団体、街宣、チラシ、youtube, ・・・等。

被害者があなたなのか、お知り合いの方なのかわかりませんが、孤立は危険ですので、まず、被害者団体に相談にいらっしゃると良いと思います。被害者団体はいくつもあり、それぞれ特徴があります。まずは連絡をしてみてはいかがでしょうか?

ネットで、集団スト―カー・テクノロジー犯罪 被害者団体」と検索すると出てきます。

 

2019-04-29 16:24:39にコメントをくださった方へ

 

5月2日の博多街宣でお会いできるのを楽しみにしております。

どうぞお気をつけておいでくださいませ。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

5月2日博多街宣

いつも変わらず精力的に周知活動をしてくださっているリラックスさんですが、とうとう博多まで来てくださることになりました!

金沢から博多までは大変遠く、その上遠征は博多だけではありませんので体力的に心配です。

 

このお知らせは27日に書いたのですが、下書きのままになっていました。

ツイッターではお知らせしていましたが、ブログだけを見てくださっている方もおられますね。先ほど連絡をいただき、自分のうかつさを思い知りました。

お知らせが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。m(__)m

 

 

ーーーリラックスさんのブログから引用始めーーー

 

 

目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

■5月2日(木曜日)
福岡博多街宣(
『博多どんたく街宣!』
場所 博多駅博多口
街宣場所バス停前の歩道
(博多駅博多口バス停A)

博多駅前
時間 12時~14時
その後懇親会
現在ぞくぞくと被害者さんが街宣に参加したい、懇親会に参加したいと言って来ています。
資格等いりませんし、無料ですので自由に参加お待ちしています。
『一般向け集団ストーカー説明会と相談会』 参加自由、無料
時間 18時~20時
場所 福岡市赤煉瓦文化館  2階 会議室3
住所:福岡市中央区天神1丁目15-30
TEL:092-722-4666  

 

―――引用終わりーーー

 

リラックスさんのブログにはGS中の街宣予定の詳細がありますので、是非ご訪問ください。

 

被害者仲間の皆様、特に九州地方の皆様、めったにない機会ですので、奮ってご参加お願いいたします!

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

4月27日 TI春のラリー

今日は集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の世界一斉周知活動の日、春のラリーです。

東京での予定は中止となりましたが、個人で参加する道はあります。

私は今日、一人で行う自転車流し街宣&ポスティングに出かける予定です。

葵が8時20分就寝(昼夜逆転しています💦)しましたので、保冷交換の時間の間を見計らって出かけようと考えています。

例によって、加害側からの邪魔されるでしょうけれど、なんとかやってみますね(^^♪

 

今、午後1時15分です。

自転車流し街宣&ポスティングに出かけ、途中で引き返してきました。

いつになく、何も邪魔が入らず、

「防御がこんなにさっさとできるなんて!」

と思いましたが、あまり深く考えない私はそのまま出かけました。

でも、時計を忘れ、保冷剤を忘れ、チラシを忘れたことを、時間をおいて気付きました。

保冷材もチラシも準備してあったのに、忘れたのです。

時計はなくても大丈夫。、

予備の保冷剤がなくても、早めに切り上げれば大丈夫。

でも、さすがにチラシを忘れてしまってはどうしようもありません。

それで、メガフォンでの流しを少しだけして、早々に帰ってまいりました。

またすぐ出るつもりでしたが、家の周りの草が伸びていたのでそれをきれいにしているうちにとうとう保冷剤が熱くてどうしようもなくなったので家の中に入りました。

そうしたら疲れ切ってしまったのです。

急いで葵の保冷交換をし、一息入れているところです。

今日は暑いくらいの快晴です。

もう少し休んで元気をだして、また出かけます。

今日は世界中の被害者仲間が頑張っているんですから、諦めません。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

テクノロジー犯罪被害者に「秘密」はありえない

3月27日に一度公開して間もなく取りやめた記事があります。
取り止めたのは、書き方がキツイように思ったからですが、MLのほうには表示されていて、(一度公開すると消えないようです)賛同コメントもきていたため、再度公開することにしました。

今読んでみても断定調で、もしかしたら偉そうに感じられるかもしれませんが、基本の考え方は変わっていません。
私自身がとても弱い人間で、15年前は泣いてばかりいたということ、そういう私が少しでも積極的な考え方に変わった理由がわかっていただけると思います。
理不尽な攻撃に悩まされ、泣いている被害者仲間へ、心を込めて。


ーーー3月27日状態のままで公開しますーーー

長年お世話になっているココログですが、最近仕様変更されて使いづらくなってしまいました。慣れるまで少し時間がかかりそうです。

今日は久しぶりの更新で、書き溜めていたものがいくつもあるのですが、気にかかっていることがあり、やはり避けて通れないため公開したいと思います。

テクノロジー犯罪について理解することはとても難しく、自覚ある被害者でも重大な特徴を認識していない方がまだまだおられるようですので、改めてお伝えしたいと思います。
というのも、先日被害者仲間のご自宅に伺った時、
「今話したことは誰にも言わないでね。」
と何度も言われたからです。
その方(仮にZさんとします)はとても気にしていたので「誰にも話さない」と答えましたが、それはテクノロジー犯罪被害者にとって、意味のない言葉なのです。Zさんは長年の被害者なので、そんなことくらい知っていると思っていましたが・・・。

テクノロジー犯罪組織は、被害者を、被害者自身よりもはっきり把握しています。そして、其々の性格を利用して、大変巧妙な離間工作を仕掛けてきます。
それは全ての集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者が知っていなければならない事です。私達被害者が秘密を持つことはできません。本人が約束を守っても、加害側がその人のせいにして、秘密をばらします。

ですので、秘密にして」という言葉は禁句です。
その言葉は、加害側に付け入る餌をあたえることになり、結果、被害者仲間を傷つけ、孤立させることになるからです。
加害側からの攻撃に参ってしまい、対人恐怖症のようになり、引きこもっている被害者仲間に特にお伝えしたいのですが、
傷つき、恐い思いをしているのはあなただけではない、ということを知るべきです。

外に出れば末端加害者が大勢現れ、嫌がらせをしてくる、だから外出もできないお気持ちはわかります。
でも、それは乗り越えなくてはならない種類のものです。
末端加害者は恐れるべきものではなく、憐れむべきものなのです。

そして、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は皆、死と隣り合わせに生きているということを認識すべきです。

自覚ある被害者は人体実験用に利用されているのであり、加害側は私達を殺したいのではありません。けれども、いつ、マインドコントロールし、殺人させようとするか、被害者にはわかりません。実際に、無差別殺人は何度も起きていて、その瞬間を覚えていない犯人もいます。消しゴムが転がってきたくらいで殺人を犯すはずもありません。

また、被害者の女性が、自覚ある被害者ではない夫から絞殺された事件もあります。

末端加害者の嫌がらせには腹が立ちますが、目的は精神的に追い詰める事ですので、体への攻撃ではありません。ならば、こちらが無視すればそれで済むことです。

それが難しく思えるのは、自分一人では太刀打ちできず、反撃もできない現状があるからです。
でも、」「非」は加害側にあり、私たち被害者は不当に踏みつけにされているのですから、それを黙って耐え忍んでいるのは間違いです。

私達には武器があります。
周知活動です。

このことをどうぞ、しっかり認識してください。

そして、周知活動をするのに大きな勇気など必要ないことを知るべきです。

今はみんとさん達の作ってくださったチラシが大変効果を上げています。

自分をかわいそうと思って泣いていては、何も変わりません。

もし、家の周りで活動できないなら、知らない場所で周知活動すればよいのです。

私はそのようにしている被害者仲間を何人も知っています。

ご家族には何も言わずに周知活動をするのです。

住まいの近くでするのが最善ですが、それができなくても、周知活動をする事自体がこの犯罪と闘うことになるの

です。そしてそれは私達の性格さえ変えてくれます。

周知活動をする事によって、この犯罪撲滅の闘いに参加していることを自覚でき、自己肯定に繋がります。これ

はとても重要な事です。

自己肯定は100%である必要はありません。

加害側から攻撃されて泣いてばかりいる状態は0%です。

でも、チラシを1まい、買い物でレジの人に渡せたら、10%自己肯定できます。

チラシを10枚、ポスティングできたら20%、

被害者仲間と一緒にポスティングできたら30%、

街宣に参加できたら50%、

街宣で演説できたら70%、

チラシの掲示依頼ができたら80%。

周知活動を継続できたら100%!

自己肯定は、誰もが持つべきもので、これは自分で行動して勝ち取るべきものです。誰も与えてはくれません。



確かに、私達集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は不運で、不幸のどん底に貶められています。まるで生

まれたての赤ちゃんのように無防備な状態で攻撃されています。

けれども、⁺今なら、私達は自分で立ち、歩ける脚があります。

理不尽に自由を奪われ、辱められ、奴隷状態にされている私達は、この怒りを周知活動に変えることでしか、生

きる道はないのです。

本来の自由を取り戻したいなら、行動しましょう!

-
周知活動によって、集団ストーカー犯罪のない心優しい街へと願って周知活動を継続し、効果を上げている被害者仲間のブログをご訪問ください。勇気づけられます。
「みんとの集団ストーカー(嫌がらせ)犯罪のない心優しい街へ」

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

コメントが来ていたのに気づかず申し訳ありません,m(__)m

最近コメントが全然来ない、更新頻度が一定しないし、内容もあまりたいしたことないし・・・

と思っていたのですが、今、気付きました。

コメントはいくつか来ていたのです。

ココログの仕様が変わってしまったため、コメント欄をクリックしただけでは見られなかったのでした。

 

これからいただいたコメントに返信しますので、もう少しお待ちくださいね。





*申し訳ありませんが、今腰痛と首の後ろの痛みと疲れがひどいので少し休んでからコメントへの返信をしたいと思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m 午後2時45分


 

2019-03-15 18:06:13 にコメントを下さった方へ

ご連絡ありがとうございます。
お返事するのに1か月以上たってしまいました。本当に申し訳ありません。


その方に、もしよろしければこのブログにコメントいただけるとありがたいのですが・・・。

もしコメントが今日こなければ明日Sメールしてみます。

よろしくお願いいたします。m(__)m

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

犯罪に加担しているスーパーの店長

昨日、4月15日(月)12時31分、野菜が充実しているスーパーに行ったら産直野菜が少ししかなく、キャベツはこの時期にありえない、1個だけだった。

商品がひとつだけだと買わない方針なので、(ずっと前、一つだけのものを買ったら変な味がしたことがあったため)、キャベツも買えず、買ったのはキュウリと玉ねぎ、ニンジン、だった。私の大好きなジャガイモはとても小さなものしかなく、それも安くはなかった。

前々回までは、たとえ夕方行った時でも変える野菜が沢山あり、特にジャガイモは豊富にあった。

4月11日(木)3時28分 に行ったときは産直野菜がほとんど残っていなかった。

念のため、そばにいた買い物客の女性に聞いてみたら、

「今日は少ないわねぇ。」

というお返事だった。

つまり、いつもは沢山あるのだ。

 

野菜はそこそこで諦め、パンのコーナーに行った。そこではイーストフードが使われていない食パンをいつも買う。やはり一つだけあった。

その食パンはしっかり口が閉じられているので、かごに入れた。

隣にいらした年配女性は、

「ないわねぇ。いつもは沢山あるのに、どうしてここだけパンがないの?」

と私に話しかけてきた。

「ほんとですね。ここだけないですね。」

その方は不満いっぱいでなんども繰り返した。

「どうしてかしらねぇ。ほかのパンは沢山あるのに。」

 

次に葵の欲しがっていた微炭酸のリンゴジュースを買おうとしたら、やはり1本しかない。近くにいた店員さんに聞いてみたら、在庫もないという。

やはりほかの商品はしっかり豊富に並んでいたのに、私の欲しかった商品だけがなかった。

 

それでしかたないので諦めてレジに向かった。

するとお客はまばらだったのに、レジに列ができていた。

レジ台はいくつもあるのに二つだけが稼働していて、そのまま客を並ばせていた。

 

レジ台ではかごを置く場所に空かごが置かれ、直前まで私のかごを置くことができなかった。

 

以上のことから

自然や偶然では考えられないお店の状況だったので、前回記したとおり、このスーパーの名前を公表します。

下関市「y幡生店」

です。

前回の買い物時、3月11日、店長さんにこの嫌がらせ犯罪についてお話をし、チラシを10枚渡しました。そしてご協力くださるようおねがいしてありました。そのあとに嫌がらせがひどくなったということは、店長さんが集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者か加担者である、ということになります。

店長さんのお名前は調べればすぐにわかることですが、そこまでするつもりはありません。

この犯罪は個人の問題ではないからです。

もうこのお店には行くこともないでしょうけれど、(坂道が多いうえに産直野菜がないのなら魅力がない、ということ、ほかのお店のほうが嫌がらせが少ないこと、等の理由で)、普通の客としておかしいことはおかしいとはっきりさせておきます。直接言っても効果がないでしょうから、ここに公表します。

*公開時に店名を明示しましたが、その後証拠の録音が消されましたので面倒回避のためぼかしました。

 

 

| | コメント (1)

2019年4月12日 (金)

ミニ周知活動の継続

前回の最後に書きましたように、今回は私のささやかな周知活動の様子を書いてみようと思います。

しばらく前までは、街宣活動こそ最も良い周知活動だと思っていました。

大勢の前で直接訴えかけることはとても効果があると疑いもしませんでした。

今でも、街宣は効果の大きい周知方法だと思います。

けれども、街宣は日常的にできるものではなく、普通の場合、時々しかできません。*注1

それで、ほかの周知活動も重要になってきます。

チラシのポスティングと掲示依頼です。*注2

 

*注1:精力的に街宣活動をしてくださっているリラックスさんのような活動をするのは大変なことです。
 ブログ「目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!」をご覧ください。

 
*注意2:みんとさんも精力的にポスティングと掲示依頼を継続されています。

「みんとの集団ストーカー(嫌がらせ犯罪)のない心優しい街へ」で検索してください。

 

お二人だけではなく、ほかにも継続して地道にコツコツと頑張ってくださっている被害者仲間が何人もおられ、本当に、嬉しく、ありがたいことです。以前から変わらず周知活動をされている仲間と、最近新たに活動されている仲間と、一緒に頑張ってくださっている様子をブログやツイッターで拝見できることは、どんなに嬉しいことでしょうか!このようになるとは、10年前には、願ってはいても、実現されるとは思えなかったのでした。 

本当に、嬉しい状況になってきました。

 

そんな、どんどん周知活動を進めてくださっている被害者仲間の皆さんの足元にも及びませんが、私も少しずつですが、チラシ配布を続けています。

 

長年被害中心に日記をつけていますので、それから移します。

 

3月1日・・・スーパーのレジの人に3枚。(感じが良かったのでお友達にもあげてね、と)

3月4日・・・薬局の薬剤師さんたちに3枚。帰宅途中に20枚ポスティング。

3月7日・・・Mスーパーのレジで1枚、Sスーパーのレジに1枚。警備員に3枚。

3月9日・・・100円ショップのレジに2枚。スーパーSのレジに1枚、ドラッグストアのレジに3枚。ほかにテク犯チラシ7枚。

3月13日・・・郵便局で3枚。ドラッグストアで3枚。

3月22日・・・0

3月26日・・・スーパーMで3枚。

3月28日・・・0.外出時にPCへの防御用の紙の封印写真が送れず12時5分~13時14分までかかってしまい、疲れ果てたため、買い物をするのが精いっぱいだった。

3月31日・・・ポスティングだけの外出だったため戸建てへの投函200枚。

4月1日・・・集合住宅(マンション)に78枚、近くの家と通行人に18枚。

4月4日・・・Mスーパーレジに3枚。お店を出たとき話しかけてきた年配女性に3枚。

4月7日・・・ドライアイスを買ったアイスクリームやさんに3枚。100円ショップレジに3枚。Yマートレジに3枚。肉屋さんに3枚。E

スーパーレジに3枚。

4月11日・・・Yスーパーの店長さんに10枚。掲示を依頼しましたが、掲示はどんなものでもしないとのことでした。そう言われてみればそのお店で何か貼ってあるのを見たことがありません。

このお店でも以前あからさまな嫌がらせを受けたことはありますが、最近はひどいことはなくなっていましたし、何といっても地場野菜が新鮮で豊富なため、坂道が大変でもできるだけ行くようにしていました。ところが今回は初めて、野菜がほんの少ししかなかったのです。(午後2時半)夕方でもこんなに少ないことはありませんでした。

そのため、店長さんにお会いする予定はなかったのですが、急きょ店員さんに読んできてもらいました。

お店の店員さん達が嫌がらせをしてきたことがあるということは、まず、店長さんが知らないということはないと理解しています。ですので、店長さんに会ってチラシを渡し、普通に説明をすることは重要だと考えています。

その際、ほかのお客さんの手前、このお店で嫌がらせを受けていると言うことははばかられますので、このお店で嫌がらせをうけたことはありませんが、と言って説明しました。

さて、次回どのような状況になるか、楽しみです。(^^♪

酷い対応になったら店名を公開します。

そうならないことを願っています。

 

という調子で、あまり枚数ははかどりませんが、スーパーではほとんど毎回チラシを手渡しているため、店員さんの態度が普通です。にこやかに接してくださる方さえいて、チラシの効果は大きいと実感しています。また、同じ方に続けて渡さず、ほかの方や新しくきた方に渡すようにしています。スーパーでの店員さんの入れ替わりは割と頻繁ですね。

 

もちろん、集団スト―カー加害者と加担者がすべていなくなったのではありませんが、だいぶ鳴りを潜めています。

レジでの行列もひどくなくなりました。うろつく人も少ないようです。「ようです」としか言えないのは、依然と違い、あまり気にならないので、確かなことがわからないためです。

 

ポスティングのためだけに外出することはなかなか難しく、かといって、買い物のついでにするとなると、頭への熱攻撃の関係で時間があまりとれません。けれども、外出する時にはいつでも10枚~50枚チラシを持ってでます。それくらいだと重くありませんし、気負わずに何枚かは手渡しできます。

 

私はおばさん(実はおばあさん)なので、気さくに話しかけてくる方もいて、そういう時には別れ際にチラシを手渡します。

「防犯チラシです」と言うと断る方はほとんどいません。時々、「ありがとうございます。」と言ってくださる方さえおられます。

そういう時には嬉しくもあり、

「ああ、本当にみんなのためだもんね。」

と、再認識できます。

 

汚職や酷い政治状況を嘆く人はますます多くなってきていると思いますが、一般の方は人前で声を上げるということはほとんどないようです。

それだからこそ、チャンス!

と思いますね。

特に田舎ですと、(私の住んでいる町は人口もそこそこありますが、お年寄りが多いため、静かな印象があります。)街宣はもちろん、プラカードやのぼり旗、チラシ配布、などは商業目的以外は見かけません。

 

ですので、やれば目立ちます。

新聞折込とは違い、普通のおばちゃんがチラシを手渡すと、びっくりするようです。

特に小学生は喜んで受け取ってくれます。こちらとしては、かわいい子供たちの駈けていく姿を見られて元気が出ます。

そういう時には孫でも見ているような気がします。

 

 

| | コメント (2)

2019年4月 4日 (木)

嬉しかったこと

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の日常は、加害者たちから嫌がらせをされ、誹謗中傷をばらまかれ、周囲から孤立し、自由が制限されているのが普通です。

長年被害者状態でいると、今更周囲に期待などしなくなります。

道ですれ違ってこちらで挨拶して無視されても傷つかないように、心に防波堤を築いています。

 

そんな中、とっても珍しく、今日は嬉しい出来事がありました。

ご近所の年配女性が、買い物帰りで荷物が沢山あった私の自転車を、後ろから坂道を押してくださったのです!

 

これは、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者でなければ珍しいことではありませんが、私達被害者にとっては、とっても、とっても、珍しいことなのです。

 

なぜなら、私達被害者は、加害側の卑劣な誹謗中傷をどこへ行ってもばらまかれ、忌み嫌われる存在になっているからです。

 

卑劣な誹謗中傷とは、たとえば、

 

◎あの人は精神病患者だ

◎あの人は万引き常習犯だ

◎あの人は性犯罪者だ

◎あの人は性格異常者だ

◎あの人はテロリストだ

 

もしかしたらもっと、悪質な嘘もあるかもしれません。

なぜなら、今まで、歯科医院へ行って悪くない歯を抜かれたり、歯や歯肉を削られたり、異常に待たされたり、どこの歯科医院へ行っても、悪いことをされてきたことから考えると、私たちはそうとうの悪人にでっちあげられているのだと、思わざるを得ないからです。

 

 

たいていの人達が加害側の嘘を信じてしまう中、稀に、そうではないか、信じてしまったとしても、性格がとても優しいため、私たちに対して親切にしてくださる方がいらっしゃいます。

 

特に、今日助けてくださった方は自転車を押してくださった後、坂道を降りながら腰をさすっていましたので、腰痛のある方だったようなのです。

そんなお体なのに、悪い評判のあるはずの私を助けてくださったのですから、私の驚きと嬉しさがどれほどか、わかっていただけると思います。

 

それに、先月の自転車流し街宣のあと、その方の家の近くでも強めの音量で流していたため、その時外に出てこられ、うるさくて仕事ができないと注意されたのでした。お仕事をしていたことも知らず、それほど煩さかったのか、と反省すること大でした。

 

そういう出来事があった後ですので、なおさら驚いたのでした。

 

私の住んでいるご近所には、はっきり加害者だとわかる家は一軒だけで、あとは加担者達、と思われますが、ずっとそうではない方もいらっしゃるのだと知って、涙が出るほど嬉しかったのです。

 

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にとって、こういう普通の親切が、涙が出るほど嬉しいということを、たぶん、 被害者ではない方にとって理解しにくいことかもしれません。それほど、被害者の日常は苦しいものなのです。

 

今はまだ、この犯罪の自覚ある被害者は多数になってはいません。

NPO認定されている被害者団体でさえ、2000余名を把握しているだけです。

 

けれども、自覚のない被害者はその数十倍は存在すると思われるのです。これは正確な数がわからないのですが、家の近所を歩いていると、不自然に木の葉が枯れている家が目につきます。丈夫な松や杉の木がどんどん枯れるというのはおかしなことです。

また、雨戸やサッシの枠に無数に小さな穴が空いている家も、テクノロジー犯罪の標的になっていると考えられます。

(私の家の雨戸は、5年間で小さな傷が無数につきました。)

最近被害者の数が増えてきています。

これはどんどん加速していくのではないでしょうか。

監視社会になってからもう何年もたっています。

このままいけば管理社会に移行し、そうなったらもう、極端に自由が制限されるがんじがらめの社会になるでしょう。

 

今ならまだ、間に合います。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の恐ろしさを、どんどん周知していきましょう!

 

(とは言え、自由の制限されている私達被害者は思うように動けないのも事実です。次回は、そんな私の、ポスティングの様子がどんなものか書いてみたいと思います。理想はあってもなかなか理想どおりにはいかない現実を、被害者仲間に知っていただくことで、「そんな少なくてもいいのか!」と気楽になっていただければ、1枚でも2枚でも、周知活動しやすくなるのではないか、と思うのです。)

| | コメント (0)

«PCまた使えるようになりました。