緊急事態条項の恐ろしさ!

明日の衆議院選挙は、戦後最も重要な選挙であると思います。

なぜなら、日本の未来を選択する選挙だからです。

私は、テクノロジー犯罪被害者として、できるだけ政治的な記事を書かないようにしてきました。それは、被害者は様々な思想的背景を持っているからです。これは、被害者の団結を阻み、テクノロジー犯罪撲滅のための大きな障害となる、と考えたためです。

けれども、もう、そんなことを言ってはいられない事態になりました。

もし、自民公明連立政権が圧勝するようなことになれば、日本は真っ暗闇の監視・管理社会になることが目に見えているからです。

まだ、最近のことなので、覚えている方は多いと思いますが、先の参議院選挙では、自民党が圧勝し、三分の二以上の議席を盗りました。
自民党支持者の投票数は    だったのに、議席は三分の二以上、という結果になったのです。(それは、憲法違反の小選挙区制が原因です)


三分の二以上議席があるため、自公連立政権はやりたい放題しました。

安保法と共謀罪(テロ等準備罪)法の強行採決です。

もし、今回自民党・公明党・希望の党・維新の党の議席が合計三分の二を超えたら、間違いなく緊急事態法を強行採決するでしょう。

緊急事態法とは、司法も立法も、力を奪われてしまう悪法です。
何から何まで内閣が命令することができる、ナチスが権力をふるうに至った、恐ろしい悪法です。

第二次世界大戦でナチスが全権を握ったのは、この法律が成立した時でした。
その後、どんなに悲惨なことになったか、あまりにも有名です。
200万人のユダヤ人が虐殺されました。

私は手放しで素晴らしいと言える政党を知りません。
けれども、少なくとも、

戦争反対、

原発反対、

言論の自由を守る、

消費税値上げ反対、

とはっきり主張してきた政党を、良い政党だと考えています。

:

以前の記事の一部を再掲します。

昨日、youtubeでこんな動画↓が目に留まりました。

恐ろしい緊急事態法についてです。

緊急事態法が発令されると、基本的人権も財産保有権も、表現の自由もなくなり、国会も司法も力を失い、内閣がすべてを掌握する事態になるそうです。

娘が幼かった頃、毎日観ていた大好きだったアニメ、忍たま乱太郎の主題曲です。

勇気100%

:


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻しました。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (6)

本日の下関街宣は中止します

お知らせが遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

迷ったのですが、本日の街宣は中止にいたします。

今は強い雨ではありませんが、終日降りつづけ、午後は強くなるそうです。

とても残念ですが、10月29日(日)か11月5日(日)に行いたいと思います。

参加ご希望の方はどちらかご希望をお知らせください。

よろしくお願い致しますm(__)m

| | コメント (4)

| | コメント (0)

元気をだして(^^♪

10月13日21時32分に非公開希望でコメントくださった方へ

了解しました。
「考えれば考えるほど思うように動きが取れなくされる」、ということは充分理解できます。

やるべきことや やると公言したことができなくなるのは辛いですね。
加害側はそういうマインドコントロールを仕掛けて被害者がどういう反応をするかを見ていると思います。

テクノロジー犯罪の目的は 心身の人体実験とそのデータ集めであると考えられますので。自殺誘導されて殺される場合は、その被害者が加害側の言うことを信じきってしまうからでしょう)

マインドコントロールされている時は痛くもかゆくもなく、本人は気付くことができません。こういう技術があるということを知っていてさえ、その時は気付けないことがほとんどだと思います。それほど巧妙にやられます。

簡単に気づくことができる時は、たとえば、好きな食べ物が何の理由もなしに急に嫌いになったりする場合ですが、そういうことは珍しく、多くは被害者が気づかないようにやられています。


私もマインドコントロールやら何やら やられていますので、お気持ちよくわかります。

どうぞ、気落ちしないでくださいね。

被害者は目に見えない鎖で縛られていて、自由がほんの少ししかありません。
体も心も目に見えない牢獄に繋がれています。

でも、100%ではありません。
10%の自由があるとしたら、その10%を全部使って、動きましょう!

街宣のための道路使用許可は、下関の場合1か月間有効ですので、皆さんのご希望があればまた行いたいと思います。もし、その時があれば 参加できるかも知れませんし。
気を楽にして希望をもっていましょうね(^^♪

街宣に参加できなくても誰もあなたを非難したりできません。

問題はあなたがあなたを非難することです。
それは加害側を喜ばせますので、
加害側をがっかりさせてくださいね⇒「街宣に参加しようと思ったこと自体、自分は前進している、これからも希望をもってできることをやる!」と思ってください。

下関の天気予報は明日は雨です。
でも、多分大丈夫だと思います。

加害側は新しく参加される方達とのやりとりを見たいのですから、人工雨は降らせないでしょう。

質問のお答えありがとうございます。

ガブラスさんには街宣へのお誘いのツィートをしました。

ただ、あちらには届いていないようですね。以前一緒に街宣した仲間とは連絡ができないようにされているようです。

少し前、有名人以外の個人を特定できないツィートはする旨のツイはしましたが、街宣のお知らせは良しとしています。私が恐れるのは被害者仲間を非難するようなツイを、私の名前ででっち上げられることです。実際に、メールの改ざんは何度もあって、誤解されたままの場合もいくつもあると思います。*そういうことの積み重ねで、被害者同士の団結が壊されて行きます。それを防ぐには、何も発言しないことですが、そうすると周知活動に支障ができますので、むずかしいですね。



ある女性とメールのやり取りをしていたのですが、ある時、サニナの名前で「死ね!」というメールが届き、その方は泣きながら電話をくださいました。まさか私がそんなメールをするとは思えないとおっしゃいましたが、確認したかったようです。数日後、また酷いメールがサニナの名前で届いたとのことで、その後、メールアドレスを変えましたと言うお知らせのあと、連絡がつかなくなりました。

これは一例にすぎません。

いろいろ加害側にやられ、それを信じてしまう被害者仲間も多いのです。
それを恐れて私は個人的なメールや電話はしないことにしたのです。
:

下関街宣

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-924b.html


クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

憂鬱になっているあなたへ贈ります。

リベラ

:


ラテンミュージック ブログランキングへ

pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻します。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (2)

骨の変形

P_20171004_220808

上の写真は10月3日、整骨院へ行った日、帰宅してから撮ったものです。

皮膚の色はまだ赤みがありましたが、腫れはほとんど収まっていました。

大きさと形が違うのは、テクノロジー犯罪の結果です。

9月下旬に痛みが始まったために、防御をいろいろ試しました。

数年前足に来ていた痛みと同じようで、やはりネオジウム磁石は効きませんでした。骨(についている靭帯(?)が痛み、熱を帯びるので、超音波で攻撃されているのだと思い、カムルーンシートで手をすっぽり入れる袋を作ったり、天然ゴム製の手袋を重ねたりしましたが、結果はあまり変わらず、1か月以上経って、上の写真のように骨が変形しました。

左の親指が元の形で、第一関節の部分でよく反り、内側へも直角に曲がります。けれども、右の指は全く反らすことができなくなり、内側へは30度が限度です。それ以上曲げようとすると痛くてできません。今もなお痛みは続いているので、もっと太くなるのでしょう。

私は若くないので見かけはさほど気になりませんが、不器用になるのが困ります。

整骨院では

「手を使い過ぎ」

と言われましたが、私は簡単な家事と、PCのキーボードを打つくらいしかしていませんのでそう言いましたが、そのくらいでこういう状態になるはずかないということか、使いすぎとしか言われませんでした。

この手の症状は、手の酷使によるものと同じなのでしょう。

テクノロジー犯罪の現実を知らない人の場合、被害者が何を言っても信じませんし、「おかしな人」、または「精神病患者」ということになってしまいます。

治療には超音波と電磁機器が使われていたので、体に良い超音波と電磁波がある事を、整骨院の方は理解しているはずなので、当然、体に悪い周波数もあることも知っていると推測して、その事を聞いてみましたが、あいまいな顔をされただけでした。

テクノロジー犯罪のチラシを渡しましたが、反応は明らかに迷惑そうなものでした。

「次回はいつ来たらよいですか?」

と聞いても答えなかったので、再度聞くと、

「1週間くらい」

との答えでした。

私の娘はなんどか捻挫をしたことがあり、接骨で治療をした時、できるだけ毎日来てくださいといわれたものでしたが、捻挫とはちがうということなんでしょうかね?

会計を済ませた後、領収書をくれないので、聞いたら、レシートを渡されました。

「お大事に」

という言葉はありませんでした。

今日で1週間たちますが、再度行く気がしません。

始めはにこやかで親切だったのに、途中から態度が変わってしまった人達は、加害側に丸め込まれてしまったということなので、再度治療にいったら、悪い周波数を流される恐れがあるのです。

これが被害妄想でないのは、歯科医院ですでに何度も経験済みです。
悪くない歯を削られたり、抜かれたりした事実は、娘も私も何度もあります。

テクノロジー犯罪被害者には、安心していける病院や歯科医院がありません。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

街宣関連のお知らせ


10月15日予定の下関街宣ですが、今までのところ、以前一緒に頑張った街宣仲間と直接の連絡がとれなくなっています。
ブログ、twitter、メール での呼びかけに全く返信がありません。

そんななか、以前一緒に街宣をしたことのあるという方からコメントがありました。
けれども、HNによって思いだすことができず、どなたなのかわかりません。

九州で一緒に街宣をしてきた仲間を忘れるはずがないのですが、もしかしたら記憶を消されているのかも知れません。
10月11日17時6分にコメントくださった方、すみませんが、あなたの特徴をお知らせください。
街宣に参加したなら署名もされたはずですので、そのお名前と、いつ、どこでの街宣だったかがわかれば、思いだすと思います。よろしくお願い致しますm(__)m

10月11日21時28分にコメントくださった非公開希望の方へ

街宣の件了解です。
”筋を通す”ということ自体、まじめなあなたを操作する手段として利用しているように思います。
でも、記事にも書きましたが、本当に、無理のないように、ご自分で納得いくようにしていただきたいと思います。


twitterの件ですが、返信はしない方針です。
私達テク犯被害者は常にマインドコントロールを考慮に入れる必要がありますので、私がどなたへどのようなリプをしたのか、是非、教えてくださいませ。それによって、加害側の介入の具体例とすることができます。よろしくお願い致しますm(__)m
-

下関街宣

http://3-27.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-924b.html

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ

pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻します。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。

| | コメント (6)

街宣関連のコメントをくださった方へ

「非表示希望」で,10月7日21時24分に街宣関連のコメントをくださった方へ

書いてくださったこと、良くわかります。

まず知っていただきたいことは、無理はしないで下さい、ということです。

ただ、会社を離れたら、会社には労働者の行動を制限する権限はありません。労働者は会社の奴隷ではないのですから。

私自身そうなんですが、日本人は自分の権利に関する自覚が薄いように思います。


街宣についても、本来、言論の自由があるので警察の許可はいらないのですが、難癖をつけられる可能性や、もしそうなった場合の面倒を考慮して、今まで、たいてい警察の許可を取ってきました。

これからは必ずそうしなければならないと考えていますが、それは、共謀罪(テロ等準備罪)法が施行されてしまったからです。いくらなんでも警察が許可しておきながら、街宣行為のために逮捕することはできないでしょうから。

ですので、もし私があなたの立場だったとしたら、会社には何も言わずに街宣に参加すると思います。

もし、知り合いに見られるかもしれないという不安があるのでしたら、変装してご参加ください。

ただ、プラカードをもって立っているだけでもかまいません。

いつもと違ういでたちで、例えば、メガネをかける、メガネの形を変える、帽子を被る、洋服を変える、だけでも印象がガラリとかわります。(サングラスはお勧めしません。反って目立ちます)

街宣参加を私が重視しているのは、周知目的の他に、被害者仲間と出会い、話ができたり聞けたりできると、元気になれるからです。自分は一人ではないんだと、安心できるからです。また、この犯罪についての情報も得ることができます。この犯罪の被害者は、孤立は絶対さけなければなりません。でないと、自殺誘導される場合が多いのです。


ですので、是非、街宣に御参加ください。
ただし、気が進まないなら無理はしないでください。
街宣に参加しないから駄目ということはありません。被害者はそれぞれ事情がありますし、仕事の関係で難しい場合もありますので。

参加できないば場合はあなたの訴えたいことを書いてください。私が代わりにあなたのHNを使って訴えます。

コメントを従来通りにしたあと、どういう訳か非公開希望ばかりになっています。

気遣って下さるコメントやテク犯情報もいただいて、とても嬉しいです。

皆さん、ありがとうございますm(__)m

非公開だと、どこまで記事にして良いのか迷うのですが、何度も読んで参考にさせていただきますね。

本当に、ありがとうございます(^^♪

クリックよろしくお願い致しますm(__)m

人権 ブログランキングへ


pencil

コメントは10月1日22時から公開性に戻します。

お名前、メールアドレスなど、個人情報は書かないで下さい。HNは他所でつかっていないものを書いてください。

加害側の介入があり、コメントが届かないことがありますので、公開されない場合は 他の被害者仲間のブログをご訪問ください。


左の被害者リンク集について

被害初期で混乱している方には特にAGSASをお勧めします。
冷静でわかり易く、しっかりした解説と、超音波による攻撃に対する防御法も公開されています。
裁判に勝訴されています。

また、テクノロジー犯罪の技術については「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の技術資料

街宣は「集団ストーカー犯罪ウォッチング」を、

ポスティング(と チラシ貼)は「ベガのブログ」、「みんとのブログ」を、

デモ関連は「ACP」を、

テクノロジーについての実験などは「テクノロジー&勉強会」を、

被害軽減のための装置については「NOTEBOOK」を、

創価学会関連は「今、そこにある危機(現実編)」を、

この犯罪組織についての考察は「ウォーカーのブログ、STOP ELECTRONIC HARASSMENTを、 

精神科関連は「キャロル・スミスの論文}と、「精神科医の犯罪を問う」を、

ご覧ください。


「被害者リンク集」のすべてに同意見というのではありません。参考になると思えるブログをリンクさせていただきました。


このほかにも有益なブログは多数ありますので、いろいろ訪問なさると良いと思います。


| | コメント (6)

消された記事

さきほどUPした記事で消された部分は以下です。



衆議院総選挙で、もし与党と「希望の党」が圧勝したら、緊急事態法が強行採決され、すぐに施行されるでしょう。そうしたら、いつ戦争が始まるか、とっても危険な日本になります。

緊急事態法は、かつてナチスが使った手でした。

ナチスはまず、共産党を弾圧し、

次に社会党を弾圧し、

そして教会を弾圧しました。

そういう状況の下でユダヤ人を虐殺していったのです。

そのことを書いた、有名なマルティン・ニーメラー牧師の詩をご紹介します。

:

マルティン・ニーメラー牧師の詩


ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

:

| | コメント (2)

先ほど加害側の介入がありました。

先ほど、今回の記事をUPしましたが、途中から前回の記事になっています。

一度UPしなおしましたが、同じ結果となりました。

本来の記事にできるかどうか、ずっと妨害されるかどうか、わかりませんが、やってみますので、少しお待ちください。m(__)m

| | コメント (0)

サイコパス

神経学者の中村信子博士が

「日本人の1%がサイコパスです。」

と発言されています。

サイコパスとは、他人の痛みを自分の痛みとして感じられない人。他人はどうなっても関心のない人、だそうです。

それは脳に原因があるので、そういう人は外科医のような、感情移入してはいけない仕事につけば良い、患者に同情して手術を失敗するようなことがないから、ということでした。

それを聞いて、私はテクノロジー犯罪の加害者を思いました。

加害者の多くはサイコパスなのかも知れません。

特に、絶大な権力を持っているボス達の多くはサイコパスなんでしょうね。

小池百合子氏が代表の「希望の党」の背後に何があるのかも気になります。

昨日、youtubeでこんな動画↓が目に留まりました。

恐ろしい緊急事態法についてです。

緊急事態法が発令されると、基本的人権も財産保有権も、表現の自由もなくなり、国会も司法も力を失い、内閣がすべてを掌握する事態になるそうです。